「中川家」のNHK関西ローカル鉄道番組がゴールデン進出

2018年05月10日 19時01分

「鉄オタ選手権」の司会を務める中川家

 NHK大阪放送局の局長定例会見が10日、大阪市の同局で行われ、お笑いコンビ「中川家」が司会を務める「鉄オタ選手権」(11日午後8時=NHK総合・関西地域向け)のゴールデン進出を発表した。

 鉄道知識を競い合い“No.1鉄オタ”の称号を目指す鉄道クイズ旅バラエティーの同番組はこれまで、南海、京阪、近鉄の関西私鉄各社と関東編として東武鉄道を取り上げてきた。

 関西編第4弾となる今回は、阪神電鉄を取り上げる。番組統括の菅原健一氏は「ネット上でも『知っている前提で話が進んでいく』とまとめられてます」と苦笑いしたが、「ゴールデンに進出したので、いつもより丁寧に説明を入れるつもりです。これまでは大学の鉄道研究会の人などにクイズに参加してもらってましたが、今回はそこまでじゃない人たちなので、鉄道に興味のない人でも楽しんでいただけるのでは」と説明した。

 また、阪神編とあって、鉄道を離れて甲子園球場や甲子園歴史館にも潜入するという。

 すでに第4弾となり、主だった関西の私鉄は阪急電鉄や神戸電鉄を残すのみとなったが、菅原氏は今後の展開について「夢はいろいろ広がってて、大阪メトロやJR西日本、東海も…」と明かした。

 一方で、「個人的にはJR貨物さんに行きたいんです。相当ハードルが高いですけど、貨物に乗せてもらって収録したい。今は禁止になってますけど、貨車を入れ替える突放(とっぽう)とかご存じですか?」と夢は尽きない様子。

 だが、その鉄オタぶりのためか「スタッフの賛同が得られないんです…」と寂しそうに語った。

関連タグ: