おばたのお兄さん モノマネ頼りの現状に不安?アスリート芸人視野に猛アピール

2018年05月08日 16時30分

芸磨きに余念がないおばたのお兄さん

 俳優・小栗旬のモノマネでブレークした、お笑い芸人のおばたのお兄さん(29)が7日、都内で行われた映画「ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~」(11日公開)の公開直前イベントに出席した。

 3月29日にフジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)と結婚。交際中に浮気した過去もあったが、おばたは「完全にダメ男でしたが、ダメ男から卒業です」と言い切った。

 山崎アナは4月から同局の朝の情報番組「とくダネ!」のMCを務めており、朝3時起きに。おばたは「満足に会えてはいない。彼女は3時起きなので夜9時には寝てほしい。僕が帰るのはそれ以降になる」と明かした。早くも“すれ違い”のようだが、夜に朝ごはん用のおにぎりを作って妻をサポート。手紙を添えてラブラブなやりとりをしているという。

 今回、映画イベントには初参加。おばたは「結婚してからこの仕事が決まった。奥さんのおかげ。感謝しなきゃ」と“結婚特需”を喜びながらも、小栗旬のモノマネ頼りの現状に不安もあるようだ。

 この日、NHK「おかあさんといっしょ」のうたのお兄さんだった、横山だいすけに似ていると言われたことから、新ネタ「横山だいすけお兄さんがよくする変顔」を披露。ややウケに苦笑しつつ「違うネタも見せておかないと…(妻を)養うために。まずは妻のヒーローになれるよう頑張ります」と宣言した。

「小栗ネタの前は、アスリート芸人として知られていた。今もジムで体を鍛えつつ、深夜の坂道ダッシュを欠かさない。日本体育大学体育学部卒で、同級生に体操の内村航平がいる。吉本興業にはアスリート芸人としてペナルティのワッキーらがいるが、ワッキーはすでに45歳。世代交代を狙っている」(テレビ局関係者)

 この日もステージで見事なバック宙も披露。小栗ネタだけじゃないことを猛アピールした。