山里亮太 TOKIO問題を残念がり「答えが出るまで見守る」

2018年05月08日 12時45分

イベントに出席した南海キャンディーズの山里亮太(左)と山崎静代

 お笑いコンビの南海キャンディーズ(山里亮太=41、山崎静代=39)、トレンディエンジェル(斎藤司=39、たかし=32)、女芸人の横澤夏子(27)が8日、都内で行われた「あなたが選ぶ 食べて投票!レギュラー争奪オーディション」PR発表会(日本マクドナルド主催)に出席した。

 6月上旬まで、たまごダブルマック、てりやきチキンフィレオ、マックリブの3品で人気投票を行う。

 たかしは「もし、レギュラーになった暁には、てりやきチキンたかしフィレオに改名する。コンビ名は『てりやきボーイズ』でいく」と意気込んだ。

 一方、若手ナンバーワンの話術で人気の山里は「テレビのレギュラーは一応、11本」と胸を張ったが、そのキャリアは伝説の“やらせ”番組「ガチンコ!」(TBS系)から始まった。

 山里は同番組で、人気ジャニーズグループ「TOKIO」と共演した。女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(起訴猶予処分)された山口達也(46)は契約解除。同グループの音楽活動は白紙の状態だ。

 山里は「しょうがないよ。被害者がいる問題だから。俺が今からベース練習すれば。でもね、俺らが芸能界に入って初めて出してもらって、初めて芸能人に触れたのがあの人たち(TOKIO)。とても優しくしてもらった思いがある。我々はただ見守って、すべての答えが出るまで待つしかない」と、山口の起こした一連の問題に残念そうな表情を浮かべた。