草なぎ まさかの「電車通勤」ジャニーズ時代にはあり得ない行動していた

2018年05月08日 16時30分

左から稲垣、香取、草なぎ

 ジャニーズ事務所を退所し、新事務所「CULEN」に所属する稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)が6日、都内で行われた「数字選択式宝くじ ロト・ナンバーズ 新CMキャラクター発表会」に登場した。ジャニーズ退所後、さまざまな新チャレンジをする元SMAPの3人だが、中でも草なぎは“ジャニーズ時代にはあり得なかった行動”に挑戦していたことが判明。それはいったい――。

 稲垣、草なぎ、香取が宝くじ新CMキャラクターに起用された。しかも発表会と同じ時間に、3人が出演する7・2時間生放送のネット番組「7・2 新しい別の窓」(AbemaTV)がスタート。イベントが同番組内で生放送される“異色コラボ”となった。

 稲垣は「56(ごろう)」、草なぎは「244(つよし)」、香取は「405(しんご)」を胸にプリントした衣装で登壇。草なぎが「つよし(244)はそのままだと思うけど、慎吾(405)の『0』を『ん』と読ませるのは無理やりじゃない?」とツッコむと、香取は「0は『ん』でいいの! 今日の剛はテンション高めでヤバいな!」と苦笑いを浮かべた。

 また司会者から「この中で貯金が、(最高賞金額の)10億円ある人を指さしてください」と質問されると、稲垣と草なぎが「それは慎吾でしょ!」。香取は「この質問なんなの?」。稲垣は自分で「56」のペンダントを作っているそうで、香取が「それを知った時、カッコ悪いと思った」と会場を沸かせた。

 さらに発表会終了後、香取は報道陣から、ジャニーズの後輩グループ「TOKIO」のメンバーで、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され起訴猶予となった山口達也(46)へのコメントを求められた。香取は「そうですね…。応援してくださっているファンの皆さまが、いまちょっと下を向いている時期だと思うので、ファンの方々が前を向けるように頑張ってほしいです」と話した。

 その後、3人はネット番組の生放送へと戻り、番組が用意した2階建てバスに乗り込み、会場のあった東京・渋谷の街を駆け抜けた。番組では、たけし軍団とのトークセッションなどもあった。

 ほぼ休みなしの3人だが、中でも草なぎは同イベント出演前、横浜市のKAAT神奈川芸術劇場で行われた主演舞台「バリーターク」を終え、ギリギリで生放送に駆け付ける多忙ぶり。実はこの公演に草なぎは、東京から電車で通っていたという。

 乗車した路線は渋谷から横浜方面に走り、みなとみらい線に直通する東急東横線だ。「あの草なぎ君が電車通勤なんて、ジャニーズ時代には考えられない」と芸能関係者は驚きを隠さない。

「新事務所はマネジャーの数も少ないので、車での送迎も大変。でも電車なら、移動時間も読める。飯島三智社長も『いい社会勉強と刺激になる』と喜んでいたようだ」

 草なぎが電車に乗っていたら大騒ぎになりそうだが、「みんな『草なぎ君がいるはずない』と思っているので、顔を見ても気付かないそうですよ」(同)。草なぎ本人も「楽しい!」とご満悦。知り合いを見つけると、後で「○○駅にいましたよね?」と言って驚かせているという。

 いま、この記事を電車で読んでいるあなた! すぐ近くに草なぎが乗っているかもしれませんよ!?