TOKIO山口達也の契約解除を発表 メンバー4人「誰のために何をすべきか」

2018年05月06日 20時40分

ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所は6日、所属するアイドルグループ「TOKIO」のメンバーで、女子高生への強制わいせつ事件(起訴猶予処分)が明るみになった山口達也(46)との契約解除を文書で発表した。

 2日に山口を除く4人のメンバーが開いた会見で、4月30日夜にメンバー5人が会合を開き、山口から辞表がリーダーの城島茂に託されたことが明かされた。その辞表がこの日、事務所社長に託され、山口本人からも別途、社長に意思表示があったという。

 文書では「山口は今後、被害者へ誠心誠意、謝罪を重ねることはもちろん、事件の要因となったさまざまな問題を克服すべき状況にあります」とした上で、「そのためには無期限謹慎という曖昧な形ではなく、本人の強い意思でもある辞意を受け入れ、山口が一人の人間として自分と向き合う形をとらせるべきだと決断いたしました」と契約解除の理由を説明。さらに「今後も山口をサポートしていく旨は、弊社社長からメンバーの意思を預かるリーダー城島に伝えられ、今回の選択の最終合意に至りました」としている。

 今後については「山口の籍は残りませんが、彼を長年育んできた立場として、彼が健やかな一人の人間としての精神と振舞いを取り戻し、被害者の方の許しを十分に得た上で、どのような形であれ未来を描けるまでを具体的に支援することが弊社の責任と考えます」とサポートを約束した。

 山口の契約解除についてTOKIOのメンバー、城島、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の4人も連名で以下のような声明を発表した。

「誰のために何をすべきか、それだけを考え続けた日々でした。

僕らメンバー、一人一人の今の気持ちを表現するには言葉だけでは足りませんし、何より、これ以上言葉で語るべきものではないと思います。

自分たちに変えられるものがあるとすれば、それは明日であり、目の前にあることからです。

今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、前を向いていきたいと思います」