あゆ LGBTイベントで無料ライブ開催「新宿二丁目」との縁を告白

2018年05月06日 19時09分

浜崎あゆみ

 歌手の浜崎あゆみ(39)が6日、都内で行われた日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2018」のメインイベントに出演。自身初のフリーライブを行い、大歓声を浴びた。

 会場となった代々木公園に響き渡る大「あゆ」コールを受けてステージに登場すると、ヒット曲「Boys&Girls」など7曲を熱唱。「how beautiful you are」を歌唱する際には、涙を流した。

 浜崎とLGBTの縁は深い。約20年前からLGBTの聖地・新宿二丁目に何度も通い、多くの人たちと心を通わせてきた。「20年くらい前に生きていくのがつらくなって、どうしていいのか分からなくなった時に、初めて行ったのが二丁目で、それ以来、自分のホームのような気がしてしまって」と告白した。

 さらに「まだまだ日本はコンサバティブ(保守的)ですから、マイノリティーが間違いである、弱者である、そういうイメージがどこかあると思います。だからといって、マジョリティーは社会的に勝ち組で正しいということは絶対にないと思います。自分に誇りを持って生き続けてほしい。私もマイノリティーの一人として、これまでもそうだったように、これからも歩んでいきたいと思います」とエールを送った。