【88】遺跡に残る恐竜生存の証拠!? アンコールワットの「ステゴサウルス」

2015年02月06日 12時00分

  カンボジアのアンコール遺跡は、9世紀から11世紀ごろにかけて建設されたクメール王朝の建築群である。代表的な寺院遺跡であるアンコールワット、城塞都市の遺跡であるアンコールトムなど複数の建築群から成る大規模な遺跡群だ。

 このアンコール遺跡東部に、タ・プロームという寺院の遺跡がある。仏塔に大きな顔が彫られた観世音菩薩像や、遺跡に根を張るガジュマル群といった自然と文化が混然一体となった景観が魅力的な遺跡である。

 この独特の景観はアンコール遺跡の中でも特に異彩を放つものであり、映画「トゥームレイダー」の撮影が行われたりもした。

 このタ・プロームにある門の1か所に、奇妙な動物が彫られているのだ。4本足で歩き、背中に花びらのような背ビレを生やした奇妙な生物…どこからどう見ても中生代に生きていた恐竜「ステゴサウルス」としか思えないシルエットなのだ。

 しかし、タ・プロームが建立されたのは12世紀ごろ。恐竜が絶滅したとされる白亜紀末期からは大きく隔たっている。

 このレリーフのように本来ならば存在し得ない“場違いな加工品”のことを「オーパーツ」と呼び、世界には他にも恐竜をかたどったとしか思えない造形の遺物が出土することがある。

 例えばメキシコ・アカンバロで出土した恐竜土偶、南米ペルーで出土したレリーフの入った石「カブレラ・ストーン」だ。

 これらの遺物をもって、「実は恐竜は生き延びており、人間と共存していたのだ!」とする説がある。

 さて、実際に現地へ赴き、実物を見て写真に収めた筆者は「おそらく、サイなどの動物をデフォルメして彫ったものではないか」とみている。実際、よく見るとサイ独特の鎧(よろい)のような皺(しわ)に似た彫り込みがされているのも分かる。

 とはいえ、当時の人が実際に何をモチーフにしてこのようなレリーフを作ったのかは分からない。もしかしたら、すでに絶滅してしまった動物かもしれないし、架空の、全く空想の生き物を彫り込んだのかもしれない。果たして、このレリーフの正体は何なのだろうか?

 実は、アフリカのケニアには背中に大きなヒレにも似た背板を備える「ムビエル・ムビエル・ムビエル」という名の大きなトカゲ型UMAの存在が噂されている。

 遠く離れたカンボジアとケニアで同一の生物の姿が古代の人々に目撃されていたとは考えづらい。もしかすると、かつては同一のUMAがカンボジアにも生息していたのかもしれない。

 

■関連動画■

YouTube Preview Image