人型UMA? それとも変態? ソロキャンプ中の女性が激写した「木の上のスキンウオーカー」

2021年11月19日 12時00分

【山口敏太郎オカルト評論家のUMA図鑑441】近年注目を集めているソロキャンプだが、本当に一人でキャンプを行うと危ない目に遭うこともある。先日、英国でソロキャンプを行っていた女性が深夜に奇妙な生物と遭遇、撮影に成功して話題になっている。

 こちらの写真はケント州イーデンブリッジのキャンプ場で撮影されたもの。スキンウオーカーに似ているので「木の上のスキンウオーカー」とでも名付けておこう。女性は午前3時ごろ、テントの周囲で異音がしたため、原因を調べようとテントを出て、暗闇の中でフラッシュをたきながら、手当たり次第に写真を撮った。その結果、彼女が撮影した写真の中には細い木の股にしがみつきながらこちらをうかがう灰色の人型生物の姿がとらえられていたのである。

 暗くてピントも合っていないため、その姿はぼやけているが、姿は人間に近く一対の光る目があるようだ。

 果たして、この生物の正体は何なのか。写真を見た人たちからは「何らかの人型の未確認生物ではないか」という意見が寄せられていた。確かに灰色の肌で輝く目をし、暗闇からこちらの様子をうかがう姿はアメリカに出現した「モルガン・ビースト」や「RAKE」を思わせる。

 一方で、女性が一人でキャンプを行っていたことから、「不用心な女性を木の上から狙った不届き者である可能性も高いのではないか」という意見も寄せられている。目が光って見えたのも、「木の上で暗視ゴーグルをつけているから」ではないかというのだ。

 果たして女性を狙っていたのは人型UMAか。それとも夜にまぎれて襲おうとした変態か。

【山口敏太郎】作家、ライター。著書「日本怪忌行」「モンスター・幻獣大百科」など200冊あまり。テレビ出演「怪談グランプリ」「ビートたけしの超常現象Xファイル」「緊急検証シリーズ」など。ユーチューブでオカルト番組「アトラスラジオ」放送中。

【関連動画】※1分42秒頃)
https://www.youtube.com/watch?v=Rw1dGaN2vOc

【関連記事】

ピックアップ