【UMA図鑑(3)】時速160キロで飛行するモスマン(蛾人間)

2013年06月21日 12時00分

 ある人物が自宅でくつろいでいるとテレビが白くなり、スピーカーからブーンという音が聞こえた。同時に外につないでいた愛犬が激しくほえたので「不審者でも来たのか?」と思い様子をうかがいながら、外に出た。すると、納屋の方に自転車の反射板のように赤く光る2つの目玉が浮いていた。あまりの不気味さに怖くて家の中に戻り、ベットで猟銃を持ったまま朝を迎えた。

 11月16日午後9時すぎには、マルセラ・ベネットと乳児、レイモンド・ウォムスリー夫妻の4人が、ラルフ・トーマス家に車にて向かう途中、廃虚になった火薬工場の上空に赤い光が飛行しているのを目撃。到着したラルフ・トーマス家の駐車場でも、赤い目を持った怪物が飛行する様を目撃した。

 11月21日には、スカーベリー夫妻の自宅でポルターガイスト現象が発生、電気がついたり消えたり、奇妙な物音も聞こえた。これもモスマンによる影響ではないかと言われている。

 実は60年代初頭にも、モスマンらしき怪物の目撃談が発生している。60年代初頭に、父親と一緒にオハイオ川付近の国道2号線を運転中の女性が、道にうずくまる巨大な男を確認、車を減速させるとその男は2つの大きな翼を広げ、たちまち離陸した。

 さらに65年にオハイオ川付近に住んでいた少年が、母親に「外を飛ぶ天使を目撃した」と報告しているし、66年には同一地域に住む医師の妻が180センチの蝶に似た怪物を目撃している。

YouTube Preview Image

■関連動画■「Mothman」 http://www.youtube.com/watch?v=v4lL_qzexZg