【山口敏太郎オカルト評論家のUMA図鑑425】「人魚の骸骨」が磯に流れ着いた?

2021年07月30日 12時00分

 UFOやUMAを目撃した人たちが記録のために動画を撮影し、ネット上に上げることはよくある。これまでユーチューブにアップされるケースが多かったが、近年ではTikTok(ティックトック)に上げられることが多くなっている。

 そんな中、ティックトックで、あるユーザーが人魚を思わせる奇妙な骸骨を発見する様子を投稿し、注目を集めた。

 5月16日、「@jjjmc12」というアカウント名の人物が、カリブ海に面した浜辺を家族で訪れていたところ、磯に奇妙な物体が流れ着いているのを見つけたという。

 海藻の中に紛れていたそれはよく見ると小さながいこつと肋骨、脊椎のようなものがあり、まるで小さな人魚の骸骨のように見えるものだった。

 動画では、見つけた少年と母親が気味悪がっていたが、正体について作り物じゃないのかなどと疑問を投げかける声も入っていた。だが、結論は出なかったのか、不気味な物体を海に投げ捨てるところで動画は終わっている。

 この動画は16日夜に2本に分けて投稿され、瞬く間に多くの「いいね!」とコメントが寄せられることとなった。コメント欄には人魚の子供の死体ではないかという意見が多く寄せられていたが、中には人魚の胎児ではないかという意見もあった。

 一方、別の人からはカリブ海の近くで見つかったのであれば、もしかすると黒魔術に関係しているものではないかという意見もあった。いわゆる黒魔術や呪いに用いられる人形が海に落ち、流された結果このような奇怪な物体として漂着したのではないか、というのだ。

 もちろん、何かの見間違いや作り物の可能性も指摘されたが、現物がすでに海に捨てられてしまっている以上、確認することはできない。

 果たして、彼らが見つけたものの正体は何だったのだろうか。

【関連動画】https://www.youtube.com/watch?v=prwX0tvaMo0

【関連記事】