【山口敏太郎オカルト評論家のUMA図鑑414】英国騒然!ネッシーが運河にも進出?

2021年05月14日 12時00分

運河に現れた?ネッシー(ユーチューブから)

 未確認生物の代表格と言えば、英国・スコットランドのネス湖の「ネッシー」だろう。ネームバリューと観光資源としての価値、どちらにしても圧倒的にネッシーがトップである。

 ネッシーの目撃の歴史は長く、「ネス川の怪物」として有史以前の記憶も残されている。近年でも目撃情報は少なくなく、そんなネッシーのような生物がネス湖近くの運河でも目撃され、「ネッシーは運河にも進出していたのか」として話題になっている。

 問題の映像は2018年の春先に撮影された。グロスターの街を流れる運河が映っているが、水中から首の長い生物らしき影が飛び出しているように見える。まさにネッシーとしか言いようがない。よく見ると長い首の付け根には体もあり、短い動画ながら、わずかに首を振っているようにも見える。

 ちなみにこのネッシーのような影を撮影したのは、窓から運河が見える家に住んでいる一家である。家族でちょうどFAカップ(英国のサッカーのカップ戦)決勝を見ていたが、ふと窓の外に目をやったところ、運河から長い首が出ていたことに気がついた。「それは動いており、まるでネス湖の怪物のように見えた」と語っている。

 果たして、この撮影された影はネッシーのものなのだろうか。実はネッシーの行動範囲は広く、陸上を移動すると言われている。つまり、湖近くの森の中へなら入っていってしまうとされているのだ。また、ネス湖周辺の複数の湖でネッシーに似た生物が目撃されており、近縁種であるとも、地下水脈を通ってきた同一個体であるとも言われている。今回撮影されたものも運河に出てしまったネッシーとの個体なのだろうか。

 もちろん反論もあり、ネッシーのような生物にしてはかなり小さく見えるので、単に運河の底に沈んでいた木やパイプが何かの弾みで浮き上がっただけという可能性もある。この生物の正体が分かる日は来るのだろうか。

【関連動画】https://www.youtube.com/watch?v=nL1O3TVJGe4

【関連記事】

関連タグ: