【山口敏太郎オカルト評論家のUMA図鑑351】英国から緊急報告!森の中にビッグフットが生息!?

2020年02月28日 12時00分

英国でもビッグフットらしき謎の未確認生物が目撃されている(写真はイメージ)

「ビッグフット」といえば、北米大陸の森林や山地に出現する獣人型UMAだ。だが、なんと、英国でもビッグフットらしき未確認生物が目撃されている?という報告が上がってきて話題になっている。

 英国のUMA研究者デボラ・ハッツウェル氏によれば、近年コーンワルの田舎から国道A15沿いの広範囲にわたって多くの目撃証言が得られ、マップも作成されたとのこと。これらの膨大な目撃情報から、一部を紹介しよう。

【コーンワル・セントモーガン】かつての職場の上司とともに森に行った人物の体験。この人物は森の中で、車を取りに行った上司を待っていた。その人物の証言。

「森の端で待っていると、茂みの中で何かが動く音がした。思わず周囲を見回すと、茂みの中にいた〝何か〟と目が合った。周囲から何かカチカチと音が響いたかと思うと、茂みの中にいたものが立ち上がった。それは身長約6フィート5インチ(約196センチ)。全身が銅色の獣人で雄だった。なぜかは分からないが、まだ子供の個体だと思った。その直後、上司が車で戻ってきて、車の音を聞いた獣人は姿を消した」

【サマセット・スマサムヒル】森の近くにある家に住んでいる人物による証言。

「家の近くで小枝が折れるような物音がした時、ハンターが通りかかったのだと思いました。愛犬が興奮して飛び出していったので追いかけたところ、悪臭が漂っているのに気づきました。その後、生き物の呼吸音が聞こえたので走って逃げ出そうとしましたが、足がもつれて転んでしまいました。立ち上がろうとして振り返ると、後ろに人間のような大きな茶色のサルのような生物が私の様子をのぞきこんでいました。20秒ほど、その生物は私の様子を観察すると森の中へ帰っていきました」

【スタフォードシャー・アストベリー】ゴルフ場にて目撃した事例。

「私がゴルフコースの近くの丘の上を歩いていた時に、丘の側面を移動する黒い毛むくじゃらの人影を目の当たりにしました。その生物は猫でも犬でもアナグマでもない、人間ぐらいの大きさのもので、駆け抜ける姿も身をかがめた人のようでした。普通の人間にはあり得ない速さで長い草の中を移動していって、すぐに消えました。近くの樹木や茂みからは奇妙なうなり声が聞こえていました。私はその後、その地域には行っていません」

 他にも、国道A15を運転中、路側帯で直立二足歩行する黒く大きな獣人の姿を見たという証言や、森の中の池で水を飲む獣人を目撃したという話などが寄せられているという。

 英国は、ヒマラヤや北米に比べて国土も森林面積も狭く、「イエティ」や「サスカッチ」のような獣人型UMAがひそかに生息するのは難しいとされてきた。しかし、ハッツウェル氏によれば、この獣人型UMAの報告はスコットランド、ウェールズ、北アイルランド、イングランドおよびスウェーデン、フランス、ドイツ、オランダ、バルト諸国を含む多くのヨーロッパ諸国から収集されているという。

 また、同様の証言をまとめる人は一般人からも出てきており、人々が異常な目撃を報告するための安全なサイトを作っている人も存在している。

 欧州には、いまだに我々に知られていない未確認生物が森の中に生息しているのかもしれない。