【流行最前線~Trend News~】気分が盛り上がるクリスマスグルメ

2020年11月21日 12時00分

新登場の「キャラメル クリスマス ベア」をはじめとする「HAPPY HOLIDAY」5種

 クリスマスまであと1か月あまりですが、街中にツリーやイルミネーションが登場し、徐々にムードが高まってきました。

 クリスマス気分を盛り上げてくれそうなグルメやスイーツなどは早くも出揃っているので、今回は2020年クリスマス限定のドーナツ、ポップコーン、スイーツビュッフェを、まとめて紹介します。

 まずは、1937年に米国ノースカロライナ州ウィンストン・セーラムで誕生した「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。

 クリスマスのかわいい主役たちをモチーフにした「HAPPY HOLIDAY」と題したホリデー商品5種を発売中です。

 毎年人気のモチーフであるサンタやスノーマンに加え、今年は新登場のベアが加わり、早くも話題となっています。

「キャラメル クリスマス ベア」(税別250円)は、サンタの帽子をかぶったクリスマスベアをイメージしたドーナツ。

 表面をキャラメルチョコでコーティングし、中にはなめらかでコクのあるキャラメルクリームを詰めていて、ホワイトチョコの鼻に、ビターチョコの耳と目で仕上げています。

 優しい顔とくるんとカールしたホワイトチョコのヒゲがかわいい「イチゴ ミルク サンタ」(同290円)、雪のように真っ白なホワイトチョコでコーティングした「チョコレート スノーマン」(同240円)、キラキラしたクリスマスリースを思わせる「ストロベリーチョコ スプリンクル」(同200円)、真っ赤なフリーズドライストロベリーとグリーンのピスタチオをトッピングした「ホワイト チーズ クリーム」(同220円)と合わせて、クリスマス気分を盛り上げます。

日本限定デザインの「ジンジャーブレッド缶」にホリデー限定レシピ「スノーホワイト ピスタチオ」を入れて…

 続いて、1949年に米国イリノイ州シカゴで創業した「ギャレット ポップコーン ショップス」。

 クリスマスカラーのホリデー限定レシピ「スノーホワイト ピスタチオ」(税込み620円~)を発売しています。

 昨年好評だったレシピで、クラッシュしたピスタチオをキャラメルコーティングして、ホワイトチョコとドライクランベリーを組み合わせたものです。

 ピスタチオの香ばしさと濃厚なホワイトチョコのバランスが絶妙で、雪を連想させるホワイトにクリスマスカラーのグリーンとレッドがよく映えます。

 期間限定デザイン缶として、日本限定の「ジンジャーブレッド缶」をはじめ、「ホリデーブルー缶」「レッド&グリーン缶」の3種が同時発売されているので、好みで選べるのも魅力です。

 最後は、チャペルや宴会場、レストランなどを備えた複合施設「ザ ストリングス 表参道」(東京・港区)。

映えるスイーツがズラリと並んだ「眠れる森のスイーツガーデン~Once Upon A Christmas」

 レストラン「バー&グリル ダンボ」が手掛ける、童話「眠れる森の美女」をモチーフにしたクリスマススイーツビュッフェ「眠れる森のスイーツガーデン~Once Upon A Christmas」(平日税・サ込み大人4800円~)を、11月21日~12月27日までの期間限定で開催しています。

 会場に足を踏み入れると、まるで童話の世界に入り込んでしまったかのようなフォトジェニックな空間が広がっていて、どこを撮っても絵になるのが最大の特徴です。

 ブッシュドノエル、シュトレーンといったクリスマスの伝統菓子、サンタの帽子やツリーを模したスイーツ、眠り姫のティアラをあしらったベリータルト、魔女の炎で仕上げる真っ黒な竹炭のクレープシュゼットなど、おとぎ話の世界を表現したスイーツの数々が、ズラリと並んでいます。

 甘い物ばかりでなく、クリスマスらしい骨付き鶏もも肉のローストや、5時間煮込んだ牛すじ肉のボルシチ、ホワイトシーザーサラダと、食事系も充実していて、クリスマスパーティーをしているような気分で90分間堪能できます。

 料理はスタッフがテーブルサービスしてくれ、スイーツは席ごとに順番にビュッフェ台へ案内され、マスクと手袋を着用するなど、感染対策も万全なので、安心して楽しめそうです。

【関連記事】