【流行最前線~Trend News~】既存のホテルが続々とニューノーマル対応&リニューアル!

2020年10月24日 12時00分

「VIEW&DINING THE SKY」では揚げたての天ぷらも…

 新型コロナウイルスの影響で開業が延期されていたホテルのオープンラッシュが続く中、既存のホテルも相次いでニューノーマルに対応したり、リニューアルしています。

 まずは「ホテルニューオータニ」(東京・千代田区)。

 360度パノラマビュッフェダイニング「VIEW&DINING THE SKY」では、日本全国のご当地グルメを楽しめる「STAY TOKYO+EAT JAPAN~東京で楽しむ、ふるさとの味~」(料金=ランチ大人9000円~、税・サ別)を11月29日まで開催しています。

 8月のスタート以来、約2か月にわたり稼働率99%が続く人気につき、開催を延長し、新たなメニューも追加されました。

 秋の逸品メニューとして登場したのは、新潟県産最高ランクの「黒舞茸」を使ったリゾット、長崎県産ブランド卵「太陽卵」を使用したカルボナーラなど。

 職人がオーダーを受けてからヘルシーな米油でサクサクに揚げる「天ぷらコーナー」、目の前で国産牛ステーキなどを焼き上げる「鉄板焼きコーナー」といった人気のメニューも含め、全50種類以上が東京を360度一望できる空間に集結しています。

 席数を従来の186席から109席に制限し、トングは1人につき1つなど、新しい生活様式に対応しています。

 同ホテルでは、10月からタクシーによる「お家でルームサービス」を開始し、その第1弾として、日本交通のドライバーが自宅に届ける「スイーツデリバリー」もスタートして早くも話題です。

色とりどりのメニューを個々盛りスタイルで提供する「ブッフェダイニング ケッヘル」

 続いて「新横浜プリンスホテル」(横浜市港北区)。

「ブッフェダイニング ケッヘル」は、安全・安心を第一にした新スタイルへと進化し、日本各地の料理で旅行気分を味わえる「JAPAN GOURMET FESTA‐日本の美味しいを旅しよう‐」(料金=ディナー大人平日5500円~、税込み・サ別)を11月30日まで開催中です。

 1品目は彩り鮮やかで盛り付けも美しい「アミューズ」を席まで届けてくれ、その後は、小皿に盛りつけられた料理や目の前で仕上げるパフォーマンスメニューを自由に楽しめます。

 ニューノーマルに対応したオーダー制のビュッフェも増えていますが、ビュッフェの醍醐味である目で見て選ぶ楽しさや臨場感のあるパフォーマンスを体感できるのが最大の魅力です。

 従来から人気のライブキッチンによる「パフォーマンスコーナー」は、6エリアから8エリアに拡充し、フォアグラソテー、ローストビーフ、すしなどがズラリ。

 ご当地メニューは、北は「北海道産ホタテとジャガイモのブルゴーニュ風」から、南は沖縄の「海ブドウそうめん」など豊富に揃っています。

 席数は従来の256席から140席へと見直し、料理は個々盛りスタイルやスタッフが取り分けてくれるなど、安心できる環境が整っています。

スタイリッシュな「ハドソンラウンジ」はまるでニューヨークにいるかのよう

 最後は「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」(東京・港区)。

 今年25周年を迎え、全館をリノベーションしており、メインロビーにラウンジ&バーが誕生!

 天井高5メートルというダイナミックな空間の「ハドソンラウンジ」は、7メートルのバーカウンターを備えるバー「アンバー」、隠れ家的でくつろげるラウンジ「ザ ライブラリー」に加え、個室まであり、さまざまなシーンで利用価値大です。

 さらに客室はデラックスフロアがグランドオープンして、エグゼクティブフロアも増床され、より「インターコンチネンタル ホテルズグループ」の最上級ブランドにふさわしいゴージャスさに…。世界基準の安心・安全・快適の追求はそのままに、都内随一を誇る海辺の景観を存分に楽しめます。

 開業25周年記念キャンペーンを11月30日まで全館で実施していて、イスラエルのボディーケアブランド「SABON」とコラボした宿泊プランなどが登場しているので、要チェックです。

【関連記事】