【流行最前線~Trend News~】話題沸騰!「いちごのフルコース」

2020年03月07日 12時00分

「テリーヌ」はまるでアートのような美しさ!

 毎年この時期は、旬を迎えたいちごをおいしく味わえるストロベリーフェアが各地で開催されています。なかでも別格と話題なのが、ぜいたくな“いちご尽くしのフルコース”。

 東京・中央区の「ビューティーコネクション銀座」2階の完全予約制フルーツフルコース専門店「フルーツサロン」で、2月26日から提供されています(4月下旬までの予定)。

 昨年11月にオープンした同施設は、美容機器&コスメ、フード&ドリンク、美容医療、ヘアスタイルの全4フロアからなる美の複合施設。

「フルーツサロン」は、栄養豊富な旬のフルーツをフルコースで味わえるというコンセプトが注目されていて、レシピは、東京・渋谷区の「パティスリー ビヤンネートル」のオーナーパティシエを務める馬場麻衣子氏が監修しています。

 季節ごとにひとつのフルーツを主役にしたフルコースを提供していて、訪れるたびに変化が楽しめると、早くも女性の間で評判なんです。

 そんな同サロンが新たに提供を開始したのが、今が旬のいちごを豪華に使用した「いちごのフルコース」(税込み4400円、完全予約制90分)。

「とちおとめ」や「淡雪」など、メニューに合わせてさまざまな品種を使用し、テリーヌやパフェなど、全4品のコースとなっています。

 1品目の「テリーヌ」は、いちごとりんごを煮詰めたタタンをテリーヌ仕立てにしたもの。サクサクのシガレット(たばこのように筒状に巻いたクッキー)や、冷たい杏仁ジェラートとともに、濃厚な味わいや舌触り、温度感など、一皿で何通りにも楽しめるのが魅力です。

4種類を食べ比べできる「いちごのデギュスタシオン」

 続いて2品目の「いちごのデギュスタシオン」は、4種類のいちごをそれぞれ最も合う食べ方で味わえます。

 甘さ控えめな「淡雪」はサラダ仕立て、酸味が控えめな「さちのか」はアールグレイのムースやハイビスカスのジュレと一緒に、香り高い「ゆめのか」はマンゴーのピューレと合わせたミルフィーユ、甘さと酸味のバランスがいい「とちおとめ」はそのままで…という具合です。

 そして3品目に登場するのは、いよいよお待ちかねの「パフェ」!。

食べ進めるごとに食感が変化する「パフェ」

「とちおとめ」のソルベ、ローズが香るフロマージュブラン(フレッシュチーズ)のジェラート、ライチのジュレ、ベリーのメレンゲなど、さまざまな味や食感が楽しめる華やかな一品となっています。

 フレッシュないちごはもちろん、アメ細工やピンク色のルビーチョコレートなどで美しく飾られているので、食べてしまうのが惜しい感じ。SNS映え確実とあって、念入りに撮影する人が続出しています。

 4品目は選べる食後のドリンクとともに、ドライフルーツなども…。

 とにかく、いちごの個性に合わせてこだわり尽くしたフルコースで、目でも舌でも楽しめ、五感が存分に満たされること間違いなし。

 完全予約制なので、予約はお早めに…。