【流行最前線~Trend News~】今からでも間に合うホテルのクリスマスイベント

2019年12月07日 12時00分

「帝国ホテル 東京」の正面ロビーに約6メートルのクリスマスツリーが登場!

 12月に入って、いよいよクリスマスムードが高まってきました。すでに当サイトでは何度もクリスマス関連の情報をお届けしてきましたが、まだ予定が決まっていないという人も意外といるはず。

 そこで今回は、今からでも間に合うホテルのクリスマスイベントを3つ紹介します。

 まずは「帝国ホテル 東京」(東京・千代田区)。日比谷通りとみゆき通りに面したホテルエリア一帯で、約7万2600個のLEDを使ったイルミネーションで彩られています。

 なかでも必見なのは、本館1階の正面ロビーに設置された高さ約6メートルのもみの木を使用したクリスマスツリー。

 来年11月に同ホテルが開業130周年を迎えることから、開業130周年のロゴを刺しゅうしたインペリアルブルーの〝幸せの詰まったバッグ〟が、130個飾られています。

 24~25日には無料で鑑賞できる恒例のクリスマスロビーコンサートも行われますが、他にもオススメなのは、クリスマスディナーショー。

 実は同ホテルはディナーショー発祥の地で、今年も日本初の男性5人組オペラユニット「THE LEGEND(ザ・レジェンド)」や、由紀さおり(71)の歌をおいしい料理とともに楽しめるディナーショーが開催されます。

 イチ押しは23~24日の「谷村新司 クリスマスディナーショー」(料金4万7100円=料理、飲み物、税・サ込み)。

ネオンアートがオシャレなクリスマスツリー「星降る夜に」

 今年20年目の出演で、しっとりとした優しい歌声と洗練されたトークで毎年人気ですが、今なら間に合います。

 続いて銀座・並木通りに位置するホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」(東京・中央区)。4階のライブラリーラウンジにネオンアートで飾るクリスマスツリー「星降る夜に」が登場!

 アートユニット「Neon Yup Torrid(ネオン・ヤップ・トリッド)」が手掛けたツリーで、伝統と革新の地である銀座を舞台に〝星が空から降ってきて消えずに積もった不思議な夜〟をネオンアートで表現しています。

 近頃はやりのネオンのツリーとは、さすがはスタイリッシュな同ホテルという感じで、SNS映えすること間違いなし。

 全長約7メートルのバーカウンターがある3階のオールデイダイニング「NAMIKI667」では、同ツリーにインスパイアされたカクテル「スターダスト マティーニ」(1500円=税・サ別)を18~25日の午後5時半から味わえます。

 光り輝くネオンをイメージしたジンベースに、ライチの香りが広がる口溶けのよいフローズンカクテルで、クリスマス気分を盛り上げてくれそう。

 最後は「ホテル椿山荘東京」(東京・文京区)。庭園の眺望を生かした3階のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」では、この時期限定の「クリスマスイブニングハイティー」(4600円=税・サ別)を、20~25日の午後6時から提供します。

フォトジェニックな「イブニングハイティー」は見て&食べて楽しい!

 イブニングハイティーとは、アフタヌーンティーより少し遅い時間に肉や魚などをゆったりと味わえるのが特徴。近頃、人気ですが、その先駆けの同ホテルでは、約14年にわたり提供し続けているとか。

 現在は通年で楽しめますが、クリスマスは特別。乾杯のシャンパンから、旬な食材を使った3段のオードブルスタンド、イチ押しのシェフ特製ローストビーフ、選べるデザート、コーヒー・紅茶まで、一度に全部体験できるぜいたくな内容となっています。

 その一部を紹介すると、上段は「海老とカクテルトマトコンソメジュレ ツリー見立て」「パイエット ブッシュドノエル風」、中段に「ハニーレモンチキン」「トリュフ香るクリームチーズ」、下段は「ポテトグラタン風カナッペ」「カリフラワーのムース」という具合。

 クリスマスカラーやツリーに見立てたメニューなど、目でも舌でも楽しめる料理の数々が揃っていて、思わず写真を撮りたくなること間違いなしです。