【流行最前線~Trend News~】東京ディズニーリゾートのハロウィーンイベント

2019年09月14日 12時00分

ダークで妖しい雰囲気の「デコレーション」が各所に登場

 東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)では、スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を10月31日まで開催中!

 両パークはもちろん、ディズニーホテル、イクスピアリなどでも、ハロウィーンプログラムを実施していますが、今年の目玉はズバリ! 東京ディズニーシー。

“ダークで妖しいハロウィーン”とテーマが一新され、妖しくも華やかなハロウィーンの祝祭が開催されています。

 パークの各所には、妖しい雰囲気をまとった「デコレーション」が設置されていて、ハロウィーンのモチーフがダークな色合いで表現されています。

 ハロウィーンカラーといえばオレンジとブラックのイメージですが、パープルを基調とした大人っぽいデコレーションなので“妖しい1枚”が撮れるフォトスポットとして大人気です。

 絶対に見逃せないのは、メディテレーニアンハーバーで行われる初登場のショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」。

今年初開催となる「フェスティバル・オブ・ミスティーク」

 ハロウィーンのショーといっても“ダークで妖しい”とうたっているだけに、パンプキンやガイコツが登場するありがちなものではありません。

 美しい女性たち、実は海の魔女のたくらみにより、祝祭がだんだんと支配されていく中で、ついにミッキーマウスが捕らわれてしまうのです。

 ディズニーの仲間たちは邪悪な力から本来のハロウィーンを取り戻すために立ち向かうのですが、果たしてミッキーマウスはいかに!?という見ごたえのある内容で、大人でも存分に楽しめます。

 ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、プルート、チップ、デール、クラリスといった人気キャラクターが出演するのに加え、5隻の船と約100人の出演者が登場する壮大なショーで、炎や水柱、パイロが上がるなど、迫力満点!

 さらに、ハロウィーン期間限定のスペシャルメニューもお目見えしていて、なかでもオススメは気軽に味わえる持ち歩きスナック。

フォトジェニックな「スペシャルまん(チキン&ベジタブル)」

 ミイラに扮したゴーストをイメージした「スペシャルまん(チキン&ベジタブル)」(販売場所=ノーチラスギャレー、600円)や、ハロウィーンらしくコウモリをあしらった「スペシャルうきわまん(テリヤキチキン)」(同=シーサイドスナック、600円)など、SNS映えするフードが揃っています。

 一方、東京ディズニーランドでは、今年も“ゴースト流の東京ディズニーランド”をテーマに、人気のパレード「スプーキー“Boo!”パレード」をはじめとする楽しい祭典で盛り上がっています。

 両パークともに、今年もハロウィーンイベント期間中は毎日、ディズニーキャラクターのフル仮装で入園できるから、仮装して行くとより楽しめること間違いなし!

 ただし、フル仮装には制限があるため、東京ディズニーリゾートのオフィシャルウェブサイトを要チェックです。

(C)Disney