【流行最前線~Trend News~】東京ディズニーシーの新アトラクション&新ショー

2019年08月10日 12時00分

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がオープン!

 夏休みシーズンを迎え、全国各地のレジャー施設は大にぎわいですが、今夏の話題を独占しているのは、何といっても、東京ディズニーシー(千葉・浦安市)にオープンした新規大型アトラクション。

 メディテレーニアンハーバーに誕生した「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がそれで、総投資額は約180億円というから期待度MAX!

 海外のディズニーテーマパークで高い人気を誇るアトラクション「ソアリン」に、新たなシーンが加わった東京ディズニーシーオリジナルの内容となっています。

 幅広い世代が楽しめるシミュレータータイプのアトラクションで、ライドに乗って風や香りを感じながら、世界中の名所や大自然を巡る雄大な空の旅を楽しめます。

アトラクション内部も豪華で美しい

 詳細は体験してみてのお楽しみですが、事前に予備知識を入れておくと、より一層満喫できるので、ちょっとしたポイントをお教えしましょう。

 まず、同アトラクションにはすてきなバックグラウンドストーリーがあります。

 空を飛ぶという人類の夢をたたえる博物館「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」では、飛行の研究に情熱を注いだカメリア・ファルコの特別展を開催中で、訪れたゲストはさまざまな展示を見ながら館内を巡り、カメリアのスピリットとの不思議な出会いを体験して、最後に彼女が仲間と開発した空飛ぶ乗り物〝ドリームフライヤー〟に乗り込み、空の旅へ…という設定です。

 美しい白亜の建物内、つまりアトラクションの内部は①ロビー②ロタンダ(円形広間)③ギャラリー④テラスからなり、ライドに乗り込むメインショーは最後のテラスになります。

 ハイライトはもちろん、メインショーのライド体験なのですが、そこに到達するまでの間、ロビーやロタンダの展示も見ごたえ十分!

ミッキーマウスたちが登場する「ソング・オブ・ミラージュ」

 加えて、プレショーが行われるギャラリーや、ライドに乗り込む直前にもサプライズがあるので、見逃さないように一瞬たりとも気が抜けません。

 お待ちかねのメインショーは約5分で、大空を舞う浮遊感を存分に堪能できます。

 五感を全開にして、頬をなでる風や、鼻をくすぐる香りを感じることで、本当に空を飛んでいるかのような気分に…。

 臨場感あふれる映像は迫力満点でまばたきする暇もなく、5分がアッという間で、またすぐ乗りたくなること間違いなしです。

 同じく、東京ディズニーシーでは、ロストリバーデルタにある「ハンガーステージ」で新規ショー「ソング・オブ・ミラージュ」がスタート!

 ミッキーマウスと仲間たちが、かつて冒険家の間で話題になった幻の都市、黄金に輝く川の都「リオ・ドラード」を目指して、時空を超えた大冒険を繰り広げるという内容です。

 歌とダンスにあふれた華やかなショーで、臨場感あふれるプロジェクションマッピングや、躍動感に満ちたライブパフォーマンスは必見です。

(C)Disney