【流行最前線~Trend News~】優雅に楽しむ都会的なお花見!

2019年03月23日 12時00分

豪華なお花見セット「ブロッサム パーティーセット」

 いよいよ待ちに待ったお花見シーズンが到来! 公園で宴会もいいけど、たまには優雅にお花見を楽しみたい…という人にオススメなのが、全長約200メートルのさくら通りにおよそ150本の桜が咲き誇る「東京ミッドタウン」(東京・港区)。春の到来を祝うイベント「ミッドタウン・ブロッサム 2019」を、4月14日まで開催しています。

 今年で12回目を迎える同イベントは〝春を祝う〟がコンセプト。桜のライトアップや、館内の華やかな装飾など、屋内外で楽しめるイベントが盛りだくさんです。

 なかでもイチ押しは同期間限定の屋外ラウンジ「シャンドン ブロッサム ラウンジ」。今年は「ザ・リッツ・カールトン東京」のウィリアム・カハラ副総料理長が監修した、こだわりのメニューや華やかなスイーツと、スパークリングワイン「シャンドン ロゼ」のマリアージュが楽しめるセットメニューを中心に用意されています。

 まるでセレブのお花見といった感じのラグジュアリーなお花見体験を可能にしてくれるのが、「ブロッサム パーティーセット」(1ボトル付きで9000円)。

「ザ・リッツ・カールトン東京」×「シャンドン」のパーティーセットで、「自家製スモークサーモンコンフィ」や「桜パウダーと柚子が香る桜海老ロール」「桜とチェリーのシュークリーム」「桜マカロン」などの全7品に「シャンドン ロゼ」のボトルが1本付いてきます。

 この内容だけでも豪華過ぎるほどですが、よりスペシャルな気分を盛り上げてくれるのが、これらを味わう空間!

ドーム型テント席「シャンドン スイート」

 昨年大好評だったドーム型テント席「シャンドン スイート」(90分制・1日4回、毎週水曜日は除外)が今年も登場し、さらに、今年は初めて一部の席に予約制度が導入されました。

 花冷えの夜や風のある日中なども快適なので、都会の真ん中でぜいたくなお花見を楽しんでみるのもいいかも…。

 一方、スタンディングやベンチなどで気軽に楽しめるフードやドリンクメニューも充実しています。

「ザ・リッツ・カールトン東京」45階にある「ザ・バー」のヘッドバーテンダー・和田健太郎氏による「〝ブルーム〟スパークリングワインカクテル」(900円)は、「シャンドン ロゼ」にミックスベリーと桜味のタピオカが入った春らしいフレーバーの限定カクテル。

 ラグジュアリーホテルの一杯を空の下で味わう…なんてめったにできない体験ができます。

 さらに、同ホテルのシェフ考案のフード「紫蘇の香りのフムス 桜パウダー クリスピーピタ」(800円)や、同ホテルのパティシエが提案したスイーツ「カラフルマカロン」(1500円)なども…。

フォトジェニックな「シャンドン ブーケ」

 前者は紫蘇ソースをかけたフムスで、桜パウダーをあしらったピタパンに付けて食べます。

 後者はストロベリー、ピスタチオ、レモン、バニラ、桜の5種類があり、どちらもスパークリングワインとの相性抜群です。

 会場でひと際目を引く巨大な「シャンドン ブーケ」の中には万華鏡の世界が広がっていて、フォトジェニックなので、飲む前に撮影をお忘れなく!

※価格はすべて税込み