【デスク発ウラ話】誰も福田明日香と気づかなかった復活ライブ

2020年04月30日 12時00分

 人気アイドルグループ「モーニング娘。」(以下、モー娘)メンバーだった福田明日香(35)が、ヘアヌード写真集「PASSIONABLE」(講談社)を発売するという。

 一報を聞いたとき、何とも感慨深い思いに駆られた。というのも、数年前、インタビューをしたことがあるからだ。

 福田といえば、98年1月、14歳の時にモー娘でデビュー。99年4月に学業優先を理由にグループを卒業すると同時に、芸能界からも去った。ところが、11年2月にボーカルグループ「ピースストーン」のメンバーとして芸能界に復帰。18年1月には、デビュー20周年記念日に開催されたハロー!プロジェクトのツアーコンサートに、初期メンバー5人の一人としてサプライズ出演したのは記憶に新しい。

 筆者がインタビューしたのは、ちょうどピースストーンとして活動し始めたときだった。まだ芸能界に本格復帰する前で、ある業界関係者を介して取材の話が舞い込んできたのだ。「福田明日香かあ…。モー娘では抜群の存在感を発揮していたけど、そういえば今何をやってるんだっけ!?」という感覚だった。

 果たして、実際に会って話をしてみると、小柄な体形は以前とあまり変わらなかったが、ふっくらしたモー娘時代よりはるかにスリムになり、自分の考えをしっかり持った大人の女性に成長していた。

 聞けば、もともと芸能界復帰は考えていなかったという。

 福田は「インディーズバンドやっていた男友達が新しいバンドをやりたいというので『だったら手伝うよ』と。で、作品がたまったから形にしただけで、ソロだったら復帰しませんでした」と笑った。

 当初は名前を明かさず活動。一番最初のライブは大田区民フェスタというローカルなお祭りだった。地元の人は、まさか目の前で歌っているのが元モー娘の福田だとは思わなかったに違いない。動画共有サービス「ニコニコ生中継」が入ったものの、誰も福田だと気づかなかったという。

「そんな状態が面白くてゾクゾクしました。『女の子のボーカルがうまい』というコメントがあってうれしかった」

 結局、時置かずにバレてしまうのだが…。そんな福田は、モー娘をやめて芸能界を去ったとき、実は加護亜依とだけは再会(?)を果たしている。それは2010年のサマーソニックをプライベートで見に行ったときだった。

「加護ちゃんがジャズを歌っていたんですよ。『あ! 加護ちゃんだ!』と思って、ステージの前の方に行って『イエ~イ!』とか盛り上がってたら、『あっ! 私もモー娘だったんだ。バレたら大変なことになる!』とハッとなって、ズルズルと後ずさりしました(笑い)。あまりにもブランクが長いので一般人の感覚なんですよね」

 屈託なく笑う福田とはその後何度か会食する機会があったが、話が実に面白かったのを覚えている。

 今回のヘアヌード写真集は、筆者も生前お世話になった“脱がせ屋”の故高須基仁さんの長男・基一朗氏。予約も好調のようだ。いったいどんな仕上がりになっているか、見てみようと思う。

(文化部デスク・土橋裕樹)