歴代ジャニタレで最高の大物は

2013年09月12日 12時00分

 残念ながら当社とジャニーズはあまりご縁がない。それは数十年来続いているのだが、そんな中で1人だけ、自分に単独インタビューさせてくれたジャニタレがいた。全盛期のトシちゃんこと、田原俊彦だ。

 1983年、今から30年前のことだ。当時の田原俊彦といえば、今なら嵐以上の超人気アイドルだった。でも、そんな田原に交際の噂が浮上した。お相手はあの松田聖子だ。

 当時新人だった自分は「じゃあ直撃して来い」とデスクに命令され、フジテレビ(そのころは新宿区河田町にあった)の中で張り込んだ。こういう時は相手に見つからないように待機するものだが、トンマな自分はあっさりとスタッフに見つかり、とっ捕まった。社名を名乗ると、スタッフは「こっちに来てください」と誘導した。こっぴどく怒られるものかと思っていたら、向かった先はタレントの控室。中を開けてびっくり、田原が座っていたのだ。それでこんなことを言った。

「中でウロウロされると他の人に迷惑になります。取材にお応えしますので、それでいいですね」

 チャラけた兄ちゃんかと思っていたが、自分よりも随分大人に見えた。肝心の松田聖子については「いいお友達です」ぐらいの話しかしなかったが、およそ10分間だけど、誠実に答えてくれた。その後、張り込みをしてこんな対応をしてくれたタレントはいない。なんだかとっても“いいヤツ”に思えたものだ。

 その後、田原はジャニーズを離れ、「おれはビッグ」発言で大バッシングを受けた。でも自分はあの時の田原の姿を度々思い出したものだ。

 最近になって田原はそこそこ活躍しているようでまあ良かった、良かった。

 自分にとって歴代のジャニタレの中で最高の大物はやはりトシちゃん、あなたです。

(特集部部長・原口典彰)