元人気女子アナの驚きのリクエスト

2017年03月30日 12時00分

 すごい時代になったもんだ…と実感した出来事がある。

 元人気女子アナを取材した時のことである。彼女は巨乳とかわいらしい顔立ちで人気を得た元局アナ。その彼女のインタビューをしたのだが、これが自分にはかなり衝撃的だった。

 取材時に同行していたカメラマンの撮影場所や顔のどちら側から撮るのかまで、お付きのスタッフが細かく指示してきたからだ。取材中に記者の後方でカメラマンとスタッフが小競り合いをしていたのだが、後になって、なるほどそういうことか、と分かったのだ。確かに彼女のシワが目立つのだが、それは年齢的に仕方ないだろう…と思っていたが、なんとか取材終了。だが、驚いたのはそれからだ。

 なんと、写真の画像修整までリクエストしてきたのだ。小じわや豊麗線などをキレイに取ってほしいというわけである。これは写真集やカラーのグラビアなどでは珍しくないが、新聞のそれもモノクロの紙面でそこまでやる女性はあまりいないのではないか。

 もちろん、いつまでも若くありたい、美しい写真を載せたいという気持ちは分からないではないが、画像処理などして無理やり若く見せても、その人工的な見た目は隠せないものだ。シワも隠さず堂々とテレビでMCをしている女性もいるが、アレでいいんじゃないかと思うのである。東京都の小池百合子知事の「あざを隠すために化粧している」ということなんぞ、これに比べればかわいいものである。

 とはいえ、元女子アナでこれなんだから、有名タレントにはもっと強烈な女性が存在するのではないか…。本当の顔ってなんだろうか? 疑心暗鬼になる今日このごろである。

(編集顧問・原口典彰)