東スポのハミ出し情報をお届けしますぅ
プロフィール
東スポWEB
東京Web担当が“ハミ出し”情報を発信。
最新記事
カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

宇賀那健一監督の最新作は「童貞が魔法使いになる」ラブコメファンタジー
2018年09月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐野ひなこ(C)2019 映画「魔法少年☆ワイルドバージン」

俳優の斎藤工(37)が音楽を憎む警察官役を怪演した映画「サラバ静寂」で知られる宇賀那健一の最新作「魔法少年☆ワイルドバージン」の公開が決定した。NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演の俳優・前野朋哉(32)、芹澤興人(37)、モデルで女優の佐野ひなこ(23)が主要キャストを務める。

本作は「童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる」という都市伝説から繰り広げられるラブコメファンタジー。前野と芹澤は保険会社勤務のうだつの上がらないサラリーマン役。佐野は2人が勤務する会社を訪れるOLを演じる。撮影は7月に終了。宇賀那監督は「僕がまだ少年だったころ、映画館に行っては魔法にかけられ、家で独りで映画に出てきたヒーローになりきって遊んでいました。あれから30年近くたち、今度は前野君、佐野さん、芹澤さんを筆頭に数多くの大好きなキャスト、スタッフと一緒に、僕なりのヒーロー映画を真剣に、そしてバカ笑いしながら作り上げられたこと、本当に幸せでした。必ずいい作品にしますので、お楽しみに!」とコメントしている。

前野朋哉「誰もが子供の頃に夢見た魔法使いに、30歳を越えたらなれました。劇中では魔法を駆使して悪っぽいのと闘います。空を飛びます。なにかも出します。もちろん動物も植物も出ます。ラドクリフさんは出ません。ラブロマンスはあります。宇賀那監督の壮大かつミニマムなスケール感でお届けする『魔法少年☆ワイルドバージン』。観る者の胸を熱くしてくれるはず!乞うご期待!」

佐野ひなこ「初の宇賀那組、最初はそのストーリーに驚きましたが、素晴らしい役者の方をはじめ、スタッフの皆さんと和気藹々と撮影をすることができました。そのチームワークの良さが作品にも表れていると思います。ぜひ公開まで楽しみにしていてください!」

芹澤興人「お2人とご一緒できて、毎日現場に行くのがホントに楽しかったです。前野君はひたむきさで、佐野さんは気遣いで現場を引っ張ってくれていました。でも、スタッフの方々から拍手が起こった前野君の芝居にはちょっと嫉妬しました。簡単に書いてあるけど『これ、どうやって撮るの?』が連続する台本と、現場での宇賀那監督の少年の様なキラキラした目は忘れられません。いい意味で、大人の本気の悪ふざけになっているはずです」







東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!