スポーツから社会ネタまで、中古・新品まざりあった話題のフリーマーケット
プロフィール
渡辺学
1986年入社。ゴルフ担当を経て89年からテニス、ラグビー、アメリカンフットボール、アマチュアレスリング、陸上、水泳、サッカーなどの取材に携わった。五輪は夏季2回、冬季3回を現地取材。2001年に運動部デスク、06年から文化部で社会面デスクを担当後、専門委員などを経て現在法務広報室長。早大卒。
最新記事
カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Archives

アメフット大一番観戦チャンス
2018年06月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 文藝春秋のスポーツ誌「ナンバー」のウェブ版で昨秋、アメリカンフットボール経験のあるお笑いコンビ「オードリー」がNFL愛を語っており、NFLが日本でニュースになるのは大概、悪いニュースだと春日俊彰が嘆いている。

 古くはスーパーボウルのハーフタイムでのジャネット・ジャクソン胸ポロリ事件、近年ではトランプ大統領の移民政策に反発する選手の国歌「ひざつき」騒動。その流れで言うと、日本でも超ネガティブな注目を呼んでしまったのが、日大VS関学大の定期戦における日大の悪質タックル問題だ。6日の毎日新聞夕刊コラムでは、お笑い芸人のカンニング竹山が「こんなマイナス要素が強いアメフトのニュースが続くことは、ハッキリ言って腹立たしくてたまらない」と憤りを示した。

 テレビであの場面が繰り返し放送され、写真が新聞や雑誌に載り、ネット上では動画がアクセスを集めた。広告費に換算していったいどれだけなのかというところだが、いかんせん負の影響に終わりかねない。今回の騒動で特徴的なのは、ワイドショー系番組の息の長い扱い。大相撲の暴力事件やレスリングのパワハラ告発もここまではというほど、すさまじい。

 相撲やレスリングには、現役横綱(当時)や貴乃花親方、国民栄誉賞女子レスラーや著名コーチという、わかりやすい登場人物がいたのに対し、アメフットはメディア露出機会が少なく、誰もが知るような関係者もいない。にもかかわらずの大報道は、内田正人前監督らが“叩きやすい”からなのか。ここにきてホコ先は「日大のドン」田中英寿理事長に向かい、悪役が増えた感もある。

 一方で5月27日の関学大VS関西大戦が通常の2倍となる3000人の観客を集めたと報じられたように、動機はともあれアメフットを見たい人が増えた。ラグビー以上に専門的用語が多く、フォーメーションも多彩なこのスポーツ。まさにタイムリーなことに東日本社会人選手権「パールボウル・トーナメント」の決勝戦が28日午後7時、東京ドームで行われる。10日の準決勝でLIXILを23-10で破ったオービックと、ノジマ相模原に24-21で勝ったIBMが対戦する。

 日大守備選手の反則プレーでは、最初がパスで2度目がランと、アメフットにおける主要な攻撃方法を見ることができる。悪質タックルの場面は、関学大QBがプレーアクションでRBにボールを渡すかに見せ、自身でキープして右方向へロールアウトし、スクリーンパスのような感じで前方に走り込んできた味方に放ったパスが失敗後、天を仰ぐ体勢でいたところを後方から強烈ヒットされたものだった。2度目はランプレー後、ボールを放したQBが襲われた。

 一連の反則動画を見れば、スクリメージラインをはさんだラインマンの攻防やオフェンスのフェイクプレーなど、アメフットに特徴的な動きがわかる。キッキングのチームは出てこないが、アメフット初心者も雰囲気を感じられる。その上で、春の大一番・パールボウルの頂上決戦に接すれば、NFLには及ばずともこのスポーツの醍醐味が味わえるはず。

 昨年の決勝もオービック対IBMで、2点差で制したオービックが今回、2連覇を狙う。IBMは3年連続の決勝戦出場。2010~13年度にジャパンXボウルとライスボウルを4連覇し、プロ志向のあるオービックと、QBケビン・クラフトがヘッドコーチに就任した(選手兼任)IBM。オービックも大物と評判のQBスカイラー・ハワードが今春新加入しており、ハイレベルな戦いになりそうだ。

 

 







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!