スポーツから社会ネタまで、中古・新品まざりあった話題のフリーマーケット
プロフィール
渡辺学
1986年入社。ゴルフ担当を経て89年からテニス、ラグビー、アメリカンフットボール、アマチュアレスリング、陸上、水泳、サッカーなどの取材に携わった。五輪は夏季2回、冬季3回を現地取材。2001年に運動部デスク、06年から文化部で社会面デスクを担当後、専門委員などを経て現在法務広報室長。早大卒。
最新記事
カレンダー
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

ラグビーW杯に間に合わない!?新国立“リスク判定”へ②
2014年09月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(①より続く)

 約2時間の会合の終わりに河野氏は「基本的にはザハ・デザインの建設を目指して努力する」という姿勢を示し、「どの程度のリスクが(現行の建て替え計画に)あるのか判断できる材料を揃えてもらう」と問題点への回答をJSCに求めた。終了後、取材に対し「わりと説得力があった」という有識者の指摘への感想を語り、「ダメとなったらどうするか、予算を増やして(計画のまま)やるのか、日産(スタジアム)でやるか」とも口にした。

 

  改修案など建て替え計画そのものへの異論は出なかったが、現行計画反対の森山氏は今回のヒアリングで、政治家に対して問題が“可視化”されたことを評価。「政治家は(計画が)“うまくいっている”と思っていたけれど、そうではないことを理解してもらえたと思う」と取材に語った。

 

 ヒアリングで中村氏が示した、槇グループ(槇文彦、中村勉、大野秀敏、元倉真琴、山本圭介、古市徹雄の各氏ら)指摘の現行基本設計案の問題点はおおむね、以下の通り。

 

 【景観破壊】新国立は「沈黙の土木架構施設」で近傍景観が悪化し、300日間は使用されないため、人通りの少ない、夜間は犯罪が懸念される場所になる。周辺の森は工事でほとんどが伐採される。

 【天然芝育成保護の諸問題】高所の開口部からの日照は非効率で、人工通風装置や夜露水補給装置の運転費が高額。より多くの日照を得るために設ける南面の透過ガラスも、初期費用や清掃費、メンテナンスの費用が高くつく。芝生の養生そのものへの懸念もある。

 【可動式屋根に関する諸問題】可動式の開閉部に使われる「C種膜」は漏水の危険性があり、ゲリラ豪雨への対応が難しい。耐風・耐雪性も低い。7~10年で取り替えが必要になり、張り替え工事費は高価。

 【イベントホールの性能】C種膜は遮音性が期待できない。観客の飛び跳ねにより震動が生じる可能性。常時機械換気が必要になると懸念され、酷暑期の冷房負荷のための設備が過大になる。

 【建設に関する諸問題】キールアーチに使う建材だけで200~300億円かかるとの概算。このままでは全体で2000億円を超すと予想される。労働力不足など予測不可能の事態が増えることも懸念される。

 【社会的イメージ】メディアのアンケート調査でも悪化。情報隠ぺいへの不信感増大。海外メディアの批判も急速に拡大している。都営霞ヶ丘アパートの住民移転への懸念も増大。

 【修繕維持費】JSCは1年間につき14・1億円と計上しているが、50年間使用した場合の修繕費や稼動部分(座席など)を30年で交換、可動膜(屋根の開閉部)の10年交換などを勘案すると、年間70億円が必要になる。

 【年間予想収入】企業向けの「プレミアム会員事業」(収入約20億円)、「ビジネスパートナーシップ事業」(収入約13億円)は、企業メリットがなく実現は困難。他の施設の現状からみれば、まったく過大な希望値。

 

 ヒアリングではJSCもその場で答えられるものがあるとしたが、結局、改めて書面で内容を示すことに。ただ、維持修繕費については中村氏の指摘に「事実誤認がある」と明言。「短期間のものと長期間のものを別々に計上している」とした。実際、収支見込み書にも「いわゆるライフサイクルコストを明らかにするため、改築後50年間に必要な大規模改修費を試算したところ、約656億円となった。(この金額をまかなうための修繕費は、上記の収支計画に含まれていない)と説明書きが記されている。

 河野氏は取材に対し、「できるだけ早く、そんなにスケジュールは取れない」とJSCにすみやかな回答を求める意向を示した。ただ、出席者からは「結局、問題ないという内容の文書が出てくるのでは」という声も漏れ聞こえてきた。

(③へ続く)

 







東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!