スポーツから社会ネタまで、中古・新品まざりあった話題のフリーマーケット
プロフィール
渡辺学
1986年入社。ゴルフ担当を経て89年からテニス、ラグビー、アメリカンフットボール、アマチュアレスリング、陸上、水泳、サッカーなどの取材に携わった。五輪は夏季2回、冬季3回を現地取材。2001年に運動部デスク、06年から文化部で社会面デスクを担当後、専門委員などを経て現在法務広報室長。早大卒。
最新記事
カレンダー
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

スポーツ団体収入ランキング
2012年04月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テコンドー協会に端を発した日本オリンピック委員会(JOC)加盟団体による助成金の還流問題で、JOCが設置した第三者特別調査委員会は10団体に不適切な会計処理があったと認定した。調査報告書も3月27日に公表されたのだが、JOC加盟の全53団体のうち35団体について作成された財政規模のランキングが目をひく。
個別の競技団体はおおむね、それぞれの予算・決算を発表しているが、ランキングという形で比較されるのは珍しい。以下に転載する。ゴルフや相撲、剣道、空手など、データが入手できなかった団体は含まれていない。金額は2010年単年度の経常収益で、同年のデータがない団体については直近のものを採用した。「正確性に限りがあるランキングである」と調査委は断り書きも加えている。また、金額の横にあるアルファベット文字はJOCが定めた12年度の競技団体ランキングで、特AからDまでの5段階評価で、強化費の配分に差がつけられている。

1:サッカー              154億5704万1900円 A
2:ラグビー               24億8535万 228円 C
3:バレーボール             24億8510万3346円 B
4:陸上                 19億8146万3254円 A
5:スケート               18億7193万8851円 特A
6:柔道                 15億 495万 140円 特A
7:テニス                13億7660万6745円 B
8:水泳                 13億4835万6307円 特A
9:バスケットボール           10億1630万1543円 C
10;スキー                 8億1750万2375円 A
11:体操                  7億9751万3235円 A
12:卓球                  6億5385万3967円 B
13:自転車                 6億1587万1203円 B
14:バドミントン              6億 549万7008円 B
15:ソフトボール              5億6132万5567円 C
16:馬術                  5億4423万8623円 C
17:ハンドボール              4億4349万7977円 B
18:レスリング               4億2004万 318円 特A
19:フェンシング              3億8736万6714円 B
20:セーリング               3億3389万 778円 B
21:ボート                 3億2897万7823円 B
22:アイスホッケー             3億 935万6960円 C
23:トライアスロン             2億7505万4423円 B
24:ホッケー                1億8612万9500円 B
25:カヌー                 1億8076万 620円 B
26:ボブスレー・リュージュ         1億4356万 105円 C
27:ライフル射撃              1億3482万2641円 B
28:野球                  1億2170万4973円 C
29:ウエイトリフティング          1億2025万7601円 B
30:カーリング               1億1380万4579円 C
31:アーチェリー              1億  94万5799円 C
32:クレー射撃                 8681万2633円 -
33:近代五種・バイアスロン           7524万3812円 C・B
34:テコンドー                 5773万 735円 C
35:ボクシング                 5446万 985円 C

ソフトバンク新助っ人のメジャー100勝右腕ブラッド・ペニー投手(33)が出来高をすべて達成すると年俸が約5億8000万円になると言われているが、ペニー1人の最大年俸に満たない団体がこれだけある。その野球が1億円あまりというのは、JOCに加盟しているのは全日本アマチュア野球連盟であって、プロを統括するNPB(日本野球機構)は別団体だから。サッカーのようにプロアマ関係なしの単一団体になれば、巨大組織が生まれるのだが…。







東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!