話題のニュースポットや注目の新商品など、旬なネタをお届け!
プロフィール
久保田絵美
文化部記者。3代続いたチャキチャキの江戸っ子。子供みこしをかついで育ち、今でも三社祭の時期には血が騒ぐ。幼少期は浅草&上野、学生時代は渋谷&六本木、現在は銀座&丸の内が主なテリトリー。取材だけでなくプライベートで仕入れたネタも合わせて、最新トレンド情報を発信していきます。
最新記事
カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

夏バテも吹き飛ぶ!一流ホテルの極上グルメ
2018年08月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あまりの暑さで食欲がない…なんて時こそおいしいものをしっかり食べてスタミナをつけるべし――。というワケで、今回は夏バテも吹き飛ぶような一流ホテルの極上グルメを3つ紹介します。

その場で実演してくれる「シェフの饗宴 グルメバイキング VIEW1グランプリ」

 まずは、浅草ビューホテル(東京・台東区)。4階大宴会場「飛翔」で「シェフの饗宴 グルメバイキング VIEW1グランプリ」(料金=税・サ込み大人6500円、昼・夕・夜の3部、各2時間制)を、8月18日まで開催しています。

〝食のビュー・味のビュー〟をテーマにした今までにないバイキングで、洋食・中華・和食の各料理長たちがこのために考案したメニューを目の前で実演してくれます。

 それぞれの料理長の自信の逸品は、洋食「フォアグラのソテー ポルチーニ焼きリゾット添え バルサミコソース」、中華「~香港焼味~鴨の燻製、自家製チャーシュー、自家製蒸し鶏、若鶏の照り煮、豚バラ肉の窯焼き」、和食「海鮮~鯛しゃぶ~」で、この3つは必食です。

 特に中華は香港名物のチャイニーズバーベキューを独自のタレで仕上げていて、食感も抜群! 塊肉をその場でカットしてくれるので、ライブ感も楽しめます。

 ユニークなのは、一人ひとりが審査員となっておいしかった料理に投票すること。その結果により、ナンバーワンメニューを決定する参加型バイキングなのです。

 見事1位に選ばれた料理に投票した人の中から抽選でプレゼントが当たるので、グルメ評論家になった気分で食べ比べに熱が入ります。

豪快に塊肉を味わいたい「エンジョイワイルドバーベキューセット」

 続いて、東京プリンスホテル(東京・港区)。前庭の「ビアレストラン ガーデンアイランド」で「森の中のビアガーデン」を9月22日まで営業中です。

 芝公園の緑に囲まれ、自然と開放感に満ちた空間ながら、屋外席にも屋根が付いていて、天候に左右されず利用できるとあって、毎年人気の同ビアガーデン。

 ディナータイムには5種類のセットメニューがありますが、イチ押しは今夏新たに加わった「エンジョイワイルドバーベキューセット」(料金=税込み8500円、飲み放題2時間制)。

(株)ぐるなびが発表した今夏のビアガーデントレンドの「肉ビアガーデン」を堪能できるメニューで、ボリュームたっぷりの塊肉や骨付き肉をガッツリ味わえるのがウリです。

 気になる内容は「オーストラリア産牛サーロインのブロシェットスタイル」「骨付きポークバックリブのポリネシアン風」「骨付きチキンコンフィ香草風味」「伊勢エビ」「イカピラフ詰め」など、盛りだくさん。

 牛肉は塊でブロシェット(串焼き)スタイル、鶏肉や豚肉は骨付きで豪快に肉を堪能できるので、元気が出ること請け合いです。

スッポンとネギ、豆腐、焼餅が入った絶品の「丸鍋」

 最後は、リーガロイヤルホテル東京(東京・新宿区)。今夏オープンした1階の「京料理 たん熊北店 Directed by M.Kurisu」では、ディナーメニュー「嵯峨」(料金=税・サ込み1万4256円)を8月31日まで味わえます。

 昭和3年創業の「京料理 たん熊北店」は、京料理の老舗として知られていますが、同店の上畑勝義料理長は、古典的な京料理を踏襲しつつも、繊細で斬新な技法を取り入れ、目に鮮やかで舌でも楽しめる和食を提供してくれます。

 メニューの中の一品である「丸鍋」は、スッポンとネギを底の浅い独特の土鍋で煮た名物料理。くさみがなく食べやすく、プルッとした皮の食感もクセになる感じ。うまみが凝縮したスープは、最後の一滴まで飲み干したくなります。

「夏に鍋!?」と思うかもしれませんが、夏バテ気味の今こそ、スッポンでスタミナをつけてみては?

 ちなみに「丸鍋」以外のメニューを一部紹介すると、造り「鱧(ハモ)落とし 梅肉」、焼き物「鱸(スズキ)揚げ焼き 蓮根 万願寺とうがらし焼き浸し」、食事「鰻(ウナギ)有馬煮御飯」といった超豪華な内容となっています。

 3店ともに食べればパワーが湧いてくること確実なので、猛暑の中、毎日頑張っている自分にご褒美するのもいいかも…。







東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!