話題のニュースポットや注目の新商品など、旬なネタをお届け!
プロフィール
久保田絵美
文化部記者。3代続いたチャキチャキの江戸っ子。子供みこしをかついで育ち、今でも三社祭の時期には血が騒ぐ。幼少期は浅草&上野、学生時代は渋谷&六本木、現在は銀座&丸の内が主なテリトリー。取材だけでなくプライベートで仕入れたネタも合わせて、最新トレンド情報を発信していきます。
最新記事
カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Archives

SNS映え抜群の大人気ナイトプール
2018年08月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 話題のナイトプールは、SNS映えするのはもちろん、日中よりは涼しくて日焼けの心配もなく、なおかつ、日中に比べてリーズナブルとあって人気です。

 今夏はテーマパークや遊園地などでも多数実施されていますが、やはり一番人気なのは、ラグジュアリーな一流ホテルのナイトプール。

フォトジェニック過ぎる「#MUMMBEACHCLUB」

 そこで今回は当サイト厳選のナイトプール2つを紹介。いずれも宿泊客以外の外来客の利用が可能で、18時からお得なナイトプールの料金設定があります。

 まずは「ANAインターコンチネンタルホテル東京」(東京・港区)。東京タワーを臨む絶好のロケーションを誇る4階屋外プール「ガーデンプール」が「#MUMMBEACHCLUB(マム ビーチクラブ)」(料金=平日18時以降5000円~)と題して、9月30日までオープン。

 フランスでナンバーワンのシャンパンメゾン「メゾン マム」とコラボレーションしたもので、新発売の「マム グラン コルドン ロゼ」をイメージした装飾や彩色をプール全体に施していて、まさにフォトジェニック!

 マムブランドカラーの赤と白を基調とした空間に様変わりしたプールは、マムの巨大バルーンが浮かべられ、プールサイドには同ブランドの象徴である赤いラインを施したサンベッドや赤やピンクのチェアなどが置かれています。

「GARDEN POOL」の「ナイトプール」では毎週金・土曜にDJイベントを開催

 日中もすてきですが、正面に見える東京タワーが点灯するころにはピンクのライトアップも加わり、どこを撮ってもSNS映えすること確実です。

 さらに、併設の飲食コーナー「プールサイドスナック」では、マムのシャンパンをはじめ、「ピッツァ ピンクアイランド」(2900円)といったオシャレなフードも…。

 毎週木曜19~21時にはDJをゲストに迎えて、プールサイドパーティーが開催されるので狙い目です(8月16日を除く)。

 お次は「ホテルニューオータニ」(東京・千代田区)。2001年に“日焼けをしないプール”としてナイトプールをイチ早くスタートした、昨今のナイトプールブームの火付け役です。

 昨夏は3万人以上が熱狂した最強プールですが、今夏はさらに進化を遂げ、1万坪の日本庭園に囲まれた都内ホテル最大級の屋外プール「GARDEN POOL」で「ナイトプール」(料金=平日1万円~)が、9月16日までオープンしています(8月12、19日、9月16日を除く毎週日曜休業)。

 同ホテルのナイトプールといえば、きらびやかにライトアップされた空間で、DJによるミュージックにリズムを取りながら、ホテルメードの料理やカクテルを堪能できる“大人の遊び場”として大人気ですが、今夏、テラスバー、照明、音響がリニューアルして、一層パワーアップ!

「アウトリガー」では絶品の「東京バーガー」やトロピカルドリンクを味わえる

 2階デッキテラスに位置するプールサイドダイニング「アウトリガー」では、プール全体を一望できるロケーションに、全長約12メートルのロングバーカウンターが登場。キンキンに冷えたビールや、トロピカルカクテルなどが揃っています。

 加えて、ホテル内のレストラン「トレーダーヴィックス 東京」で人気の「東京バーガー」(3800円)など、フードメニューも充実。雑穀を用いた特注バンズにジューシーな黒毛和牛パティ、紅芯大根、ガリ、のりを乗せ、特製のみたらしだれでまとめあげた絶品バーガーを、水着のまま味わう…なんてぜいたくができちゃいます。

 インスタ映えに欠かせない照明は、シーンに合わせて自在に色が変化する最先端のLEDプログラムを導入。DJミュージックとのシンクロが可能になり、写真だけじゃなく動画も撮りたくなるほどムービージェニックです。

 音響はプールを中心にしてスピーカーを10倍に増やし、360度のサウンドシステムを新たに搭載。より臨場感あふれるライブサウンドになったので、ノリノリで楽しめます。

 どちらも人気のナイトプールなので、夏休みの思い出作りに最適です。

※価格はすべて税込み







東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!