話題のニュースポットや注目の新商品など、旬なネタをお届け!
プロフィール
久保田絵美
文化部記者。3代続いたチャキチャキの江戸っ子。子供みこしをかついで育ち、今でも三社祭の時期には血が騒ぐ。幼少期は浅草&上野、学生時代は渋谷&六本木、現在は銀座&丸の内が主なテリトリー。取材だけでなくプライベートで仕入れたネタも合わせて、最新トレンド情報を発信していきます。
最新記事
カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives

SNS映え必至! サマーデザートビュッフェ
2018年07月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS映え確実のデザートビュッフェ「ハワイアン・ダイナー」

 東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」(千葉・浦安市)では、SNS映え間違いなしの夏期限定デザートビュッフェを開催中。

 ロビー階の「ラウンジ・オー」で9月2日までの金・土・日・祝日、お盆(8月13〜15日)のみ開催されている「ハワイアン・ダイナー」(料金=大人3100円、税・サ別)がそれ。

 7月2日に30周年を迎えた同ホテルでは、さまざまな30周年プロジェクトを予定していて、同デザートビュッフェはその第1弾プロジェクト。

 そもそも同ホテルがテーマ性を持ったデザートビュッフェを開始したのは2015年7月からで、累計8万人以上が来店。思わず写真を撮りたくなるデザートビュッフェとして、女性の間で大人気だったのですが、今回、史上最多となる約40種類のデザート&軽食メニューが登場とあって、早くも話題騒然です。

食べるのがもったいない「スマイリーパイナップルケーキ」

 今回のテーマは、開業当時の1980年代をイメージした“アメリカンダイナー”と、リゾート感あふれる舞浜ならではの“ハワイアン”がコンセプト。

 アメリカンダイナーの定番・クリームソーダをイメージしたゼリーや、別名“レインボー州”と呼ばれるほど、虹とゆかりのあるハワイ州にちなんだレインボーケーキなど、夏にピッタリなカラフルスイーツがズラリ!

 見た目がかわいらしい「スマイリーパイナップルケーキ」は、コンポートして酸味を緩和したパイナップルと生クリームをスポンジで巻き、ロールケーキにしたもの。バタークリームを絞ってパイナップル形に仕上げていて、さらには本物のパイナップルの葉を飾り付けたというこだわりの一品です。

 エディブルフラワーが鮮やかな「ピニャコラーダドーム」は、ヒルトンが作ったカクテルとして有名な「ピニャコラーダ」をデザートにアレンジ。クッキー生地を丸くかたどって焼いたショートブレッドの上に、真っ白なココナツムースをのせています。ムースは割った瞬間、中からパイナップルジュースがとろっとあふれだし、まさにムービージェニック!

サーフボードが飾られているなど、思わず写真を撮りたくなる演出も…

 他にも、ハワイなどで幸せを運ぶ“海の守り神”として大切にされているウミガメをイメージした「シータートルシューパフ」、サーフボードをかたどった「サーフィンクッキーズ ビーチスタイル」など、SNS映えするスイーツが目白押し。

 見た目はもちろんですが、ホテルメードだけに味も抜群で、ドキッとするほど、カラフルなスイーツも食べると納得のおいしさ!

 加えて、ドライアイスの演出があったり、サーフボードがディスプレーされていたりという具合に、楽しい仕掛けも盛りだくさん。

 スイーツ以外に軽食コーナーにはパスタやサンドイッチなど、日替わりで約10種類のメニューが並ぶので、甘い→しょっぱい→甘いと無限に味わえそう!?

 軽食も「スパムにぎり」「パイナップルとハムのピザ」などというように、トロピカル感あふれるメニューなので、リゾート気分を満喫できるのも魅力。

 土・日・祝日とお盆期間は①13時30分〜②16時〜の2部制・2時間制。金曜日のみ13時30分〜の3時間制で、時間を気にせずたっぷり堪能できるので狙い目です。







東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!