話題のニュースポットや注目の新商品など、旬なネタをお届け!
プロフィール
久保田絵美
文化部記者。3代続いたチャキチャキの江戸っ子。子供みこしをかついで育ち、今でも三社祭の時期には血が騒ぐ。幼少期は浅草&上野、学生時代は渋谷&六本木、現在は銀座&丸の内が主なテリトリー。取材だけでなくプライベートで仕入れたネタも合わせて、最新トレンド情報を発信していきます。
最新記事
カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

今年のハロウィーンは“コワカワ”スイーツで!
2017年09月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒルトン東京お台場で開催している「ハロウィーン・モンスターの舞踏会」デザートブッフェ

 前回、東京ディズニーリゾートのハロウィーンイベントをお伝えしましたが、今回は見て&食べて楽しむハロウィーン! 今年は怖いけれどかわいらしい“コワカワ”スイーツが出揃っていて、SNSなどで早くも話題なので、早速、ご紹介しましょう。

 

 まずはヒルトン東京お台場(東京・港区)で10月31日まで開催している「ハロウィーン・モンスターの舞踏会」デザートブッフェ(料金=平日3000円〜、税・サ別)。15〜17時の間、2階の「シースケープ テラス・ダイニング」で味わえます。

 

 ヒルトンはランチとディナーの間のスイーツタイムにビジュアルインパクトやSNS映えを強化した新たなスイーツ・エクスペリエンスを提案。“最も予約が取れないブッフェのひとつ”といわれるほど人気を博しています。

 

 今回のデザートブッフェではハロウィーンの要素を取り入れ、オバケやミイラなどをモチーフとした“コワカワ”なスイーツが勢揃いしています。

 

 会場に一歩足を踏み入れると、そこはフォトジェニックなハロウィーン・モンスターたちが集まる別世界!

 

「モンスターこうもりキャラメルタルト」や「棺桶ティラミス」といった“コワカワ”スイーツがズラリ!

 飛び立ちそうな「モンスターこうもりキャラメルタルト」、ミイラが出てきそうな「棺桶ティラミス」といった今にも動き出しそうなものをはじめ、「脳みそレアチーズケーキ」「ひと思いに食べて 目玉のフロマージュブランタルト」「血だまりの壷 ハイビスカスゼリー」など約35種類がズラリ。

 

 思わず食べるのをためらってしまいそうですが、見た目だけでなく味も本格派。フォトジェニック過ぎて、ついつい撮影に夢中になってしまいますが、しっかり味わうのもお忘れなく!

 

 一方、毎年ハロウィーン限定の商品が大人気のクリスピー・クリーム・ドーナツは、カワイイ文化の第一人者として知られるアートディレクター・増田セバスチャン氏プロデュースの「Enjoy HALLOWEEN KAWAII」プロジェクトとコラボレーション。

 

 イタズラ好きなモンスターをイメージしたドーナツ3種などを、同氏監修のパッケージに入れて、10月31日まで販売中です。

 

“コワカワ”ドーナツ3個が特製棺桶ボックスに入った「トリプル モンスターズ」

 今年初登場の「Mr.ストロベリー ヴァンパイア」は、緑色のバニラ風味のチョコにビターチョコで髪の毛と顔を描いた吸血鬼デザインのドーナツ。一口かじるとストロベリーとドラゴンフルーツの真っ赤なソースが現れ、サプライズ感満載!

 

 同じく今年初登場となる「モンブラン モンスター」は、ホワイトチョコで1つ目のモンスターに仕上げたもの。国産ムラサキイモとサツマイモのクリームで、秋のおいしさも楽しめるのがポイントです。

 

 もちろん、定番人気の「キャラメル ハロウィン ジャック」は健在で、パンプキンチョコの顔にビターチョコで目と口を描き、頭にさしたカボチャの種はヘタをイメージしています。

 

 これら3個の“コワカワ”ドーナツが、ポップでかわいい特製棺桶ボックスに入った「トリプル モンスターズ」(680円、税込み)はハロウィーン気分を盛り上げてくれそうです。







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!