話題のニュースポットや注目の新商品など、旬なネタをお届け!
プロフィール
久保田絵美
文化部記者。3代続いたチャキチャキの江戸っ子。子供みこしをかついで育ち、今でも三社祭の時期には血が騒ぐ。幼少期は浅草&上野、学生時代は渋谷&六本木、現在は銀座&丸の内が主なテリトリー。取材だけでなくプライベートで仕入れたネタも合わせて、最新トレンド情報を発信していきます。
最新記事
カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

“8・31野菜の日”に向けて野菜たっぷりメニュー
2017年08月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月31日は何の日かご存じでしょうか? 答えは“野菜の日”なんです。“や(8)さ(3)い(1)”の語呂合わせから、1983年に全国青果物商業協同組合連合会などの9団体が、もっと野菜について知ってほしいと、同日を野菜の日に制定したとか。

 

「カラフルサンドイッチ」(8月24日まで)

 洗わずにそのまま食べられるパッケージサラダの製造・販売をしている(株)サラダクラブでは、野菜の日に合わせて特別に考案したランチメニュー「サマーサラダランチ」を、東京・港区の「グッドモーニングカフェ 品川シーズンテラス」で提供しています。

 

 最大の特徴はパッケージサラダを使用していること。“野菜が主役”をテーマにフォトジェニックで色鮮やかなメニューに仕上がっているので、インスタ映え抜群です。

 

 さらに見た目だけでなく、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取目標の半分以上が取れるので、野菜不足の人にオススメ。

 

 8月24日までは「カラフルサンドイッチ」、25~31日までは「ベジタブルキッシュ」が提供され、価格は平日1000円、土日1100円(ともに税込み)です。

 

「ベジタブルキッシュ」(8月25~31日)

 前者はキヌアと4種類の雑穀類をミックスした「サラダのごちそうトッピング キヌアミックス」を混ぜて焼き上げたパンにケール、クレソン、パプリカなどの野菜とチキンやサーモン、クリームチーズを挟んだボリューム満点のサンドイッチ。

 

 後者は「サラダのごちそうトッピング キヌア」と黒ゴマを混ぜたキッシュ生地に、枝豆やコーンなどの夏野菜とチキンを混ぜて流し込み、サックリと焼き上げたやさしい味わいのキッシュです。

 

 ともに日替わりスープとデザート付きで、サンドイッチはフライドポテト、キッシュにはサイドサラダも付いてくるので、食べ応えがあります。

 

 一方、家庭でサラダをおいしく味わえるのが、同社から今夏発売された「サラダを楽しむトッピング」(各78円=税別)と「サラダとあえるソース クリーミーアボカド」(200円=税別)。

 

「サラダを楽しむトッピング」全5種類(右)と「サラダとあえるソース クリーミーアボカド」

「サラダを楽しむトッピング」は食感と風味にこだわった使い切りタイプの乾燥トッピング。

 

「ノンフライクルトン」「フライドオニオン」「フライドごぼう」「カリカリベーコン風味」「カリカリチーズ風味」の全5種類が揃っています。

 

 2014年に発売を開始した「サラダとあえるソース」は、パッケージサラダとあえるだけでOKのチルドソース。

 

 既存の「クリーミーポテト」「クリーミーたまご」「やわらかごぼう」「やわらかチキン」の4種類に加え、今回新たに「クリーミーアボカド」が加わりました。

 

 どちらもサラダにトッピングしたり、あえたりするだけでお店で食べるようなごちそう感のあるサラダを簡単に作れるので、家庭に常備してみては?







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!