話題のニュースポットや注目の新商品など、旬なネタをお届け!
プロフィール
久保田絵美
文化部記者。3代続いたチャキチャキの江戸っ子。子供みこしをかついで育ち、今でも三社祭の時期には血が騒ぐ。幼少期は浅草&上野、学生時代は渋谷&六本木、現在は銀座&丸の内が主なテリトリー。取材だけでなくプライベートで仕入れたネタも合わせて、最新トレンド情報を発信していきます。
最新記事
カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Archives

大手町&銀座エリアで話題の新スポットをチェック!
2017年03月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 常に新しいものが生まれているトレンド発信地・東京では、次々と新スポットが誕生しています。

「Le Poulet Brasserie Ukai」の「ロティサリーチキン」

 なかでも大手町&銀座エリアで、オープン早々話題騒然の新スポットをご紹介しましょう。

 再開発中の「大手町ホトリア」街区内に2月にオープンした「ホトリア Shops&Restaurants~よいまち~」(東京・千代田区)は、19店舗が集結する商業ゾーン。

 飲食16店、物販2店、フィットネス1店が並び、ランチや仕事帰りに立ち寄りたい魅力的な店舗が揃っています。最大の魅力は仕事終わりのチョイ飲みやシメの一杯など、カジュアルなハシゴ酒を楽しめる店舗が充実していること。

 地下1階は、肉と海鮮炉端焼きの2店舗が融合した「加藤の肉丸/小川のうに丸」、ジビエ&地酒を楽しめる「ルンゴ」など人気店の新業態を含む15店舗の飲食店がズラリ。

「sakura食堂」の「500kcal 豆腐ハンバーグ 豆乳のクラムチャウダー仕立て定食」

 特筆すべきは共用廊下に立ち飲みゾーン「たまり場」が3か所もあることで、まるで人情味あふれる“都会の横丁”という感じ。

 夜限定で各店舗が提供するたまり場専用のテークアウトメニューを持ち寄ることができ、異なる店舗の料理を同時に味わえます。

 1階には、およそ3000平方メートルの緑が広がる「ホトリア広場」が誕生。同広場前には、気持ちのよいオープンテラスを有する「うかい」の新業態「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」がオープン!

 フランス語で“鶏”を意味する「Le Poulet」という店名が示すように、じっくり焼き上げた「ロティサリーチキン」(3~4人前=8000円~)をメーンにしたレストランです。

「マロニエゲート銀座2&3」の「SNSスポット」

 一方、「プランタン銀座」から名称変更し、3月にグランドスタートした「マロニエゲート銀座2&3」(東京・中央区)には123店舗が集結。そのうちニューショップは32店、銀座初登場が18店とガラリと様変わりしました。

 ファッションやコスメなどが充実していますが、見逃せないのがグルメ。地下2階には、ともに銀座初登場となるヘルシー定食が自慢のカフェ食堂「sakura食堂」、サラダボウル専門店「With Green(ウィズ グリーン)」といった飲食店も入っています。

「sakura食堂」の看板メニュー「500kcal 豆腐ハンバーグ 豆乳のクラムチャウダー仕立て定食」(1180円)は、ヘルシーながら食べ応えもあり、早くも銀座で働くOLたちの間で大人気です。

 2階には写真を撮ってハッシュタグを付けてSNSに投稿すると、館内のデジタルサイネージ(電子看板)にその写真が映し出される「SNSスポット」もあるので、こちらも要チェック!







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!