何となく思いついたこと、目についたことをツラツラと…。
プロフィール
高木圭介
昭和44(1969)年6月4日、神奈川県川崎市生まれ。神奈川大学レスリング部を卒業後、1993年に東スポ入社。プロレス&格闘技、社会、レジャー、特集部などを担当後、現在は運動部所属。 2006年10月、本紙携帯サイト「東スポ芸能」のスタートと同時に当コラムはスタート。2009年10月から晴れて、紙面でも連載開始。世の中の重箱の隅を愛する〝長期連載〟。
最新記事
カレンダー
2019年1月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

483: 昭和38年、国鉄鶴見事故と外国産TVドラマ
2014年09月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

          <2014年8月 東スポ携帯サイトより>

 現在、JR線で横浜方面から東京方面へと向かう途中、ちょうど新子安~
鶴見駅の間に、線路をまたぐ巨大な橋を建設中。進行方向の左側には巨大
なトンネルも建造中だ。

 その巨大工事の正体は2016年に完成予定の首都高速生麦JCTと第三京
浜港北ICを結ぶ横浜環状北線。京浜急行やJR線路をまたぐ陸橋と、線路を
またいですぐにぶつかる横浜・岸谷地区の丘を貫くトンネルの工事だ。

 トンネル工事の進行具合に目を奪われていると、すぐに車窓の眼下に飛び
込んでくるのが金網に覆われた小さな石塔。その石塔の正体は、昭和38年11
月9日、午後9時40分頃に、この付近で起きた「鶴見事故」の慰霊碑なのだ。

 この鶴見事故、走行中の貨物列車の脱線に始まり、編成から外れた貨物車
が東海道線の線路へと乗り上げ、そこに走行中の横須賀線電車(久里浜発東
京行き当時は東海道線と横須賀線が同じ線路を共有)が約90㌔の速度で
進入して衝突し大破。死者が161名、重軽傷者が120名にものぼる最悪な多重
衝突事故となった。

 同日の午後3時すぎには、福岡県大牟田市の三井三池炭鉱で死者458人を
出す大爆発事故も発生「血塗られた土曜日」「魔の土曜日」として昭和史に
残る大惨事となった。

 他に昭和史に語り継がれる〝同日発生事件〟昭和56年8月26日夜に起
きた「宇野落球事件」(後楽園球場巨人×中日)と、エモやん(江本孟紀)に
よる「ベンチがアホやから事件」(甲子園球場阪神×ヤクルト)ぐらいか?
こちらは当の本人以外は笑える要素満載だし、鶴見と三池の事故は重大かつ
悲惨すぎて、何の比較対象にもなりゃしないのだが…。

 そんな鶴見事故、脱線や多重衝突の原因究明に向けて、正確な事故発生時
間を割り出すためにテレビ番組が使用されたという記録が残っている。

 その番組とは米国産の人気ドラマ「ザ・ルーシー・ショー」(TBS系で午後9時
30分から放送)と「ハワイアン・アイ」 (NET現テレビ朝日系で午後9時から放
送)。事故現場付近の住民が、ドラマのどの場面を見ていた瞬間に、事故の衝
突音を耳にしたか? を割り出すべくテレビ局へと招集され、VTRでもう一度同
日放送の「ルーシー・ショー」、「ハワイアン・アイ」を視聴させられた。そして付近
住民が衝突音を耳にしたというドラマの場面は、ほぼ一致していたとか。

 現在、土曜夜9時台といえば「金田一少年の事件簿N」(日本テレビ)、「世界
ふしぎ発見」(TBS)、「土曜プレミアム」(フジ)、「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日)、「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)などが放送中。とは言ってもテレビの電源を入れていたとしても、録画番組やDVDを視聴していたり、あるいはゲーム
をしていたりと千差万別。また昔と比べて土曜夜に外出している人も多いだろう
から、このような捜査は難しいことだろう。

 それにしても、調査に使われた人気番組がどちらも、外国ドラマだったりするの
もこの時代ならではだ。

 当日の午後6時過ぎから放送されていた外国産テレビ番組はNHK「まんが宇
宙家族」(18時)。日本テレビ「快傑ゾロ」(18時15分)、「カートライト兄弟」(20時)、「ディック・パウエル」(21時30分)。TBS「魔法のけん銃」(19時)、「名犬ラッシー」(19時30分) 「ルーシー・ショー」(21時30分)、「ミステリーゾーン」(23時15分)。フジ「マンガで行こう!」(19時)、 「壮烈!西部遊撃隊」(19時30分)。NET「ナッティ・ドリームランド」(18時15分)、「ハワイアン・アイ」(9時)、「ローハイド」(22時)、「スリラー(再)」(23時35分)とかなり膨大! まさに外国産番組花盛り。

 現在、土曜夜に地上波で放送されている外国産ドラマは「i Carly(再)」(18時25分)のみ。鶴見事故が起きた51年前とは、かくも事情が異なっている。







東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!