コラムやネタ、etc…
プロフィール
阪本良
文化部記者として芸能ニュースや事件ものの取材を担当。ネッシー、UFO・宇宙人や「マドンナ痔だった」などのハリウッドものも手がける。文化社会部長などを経て、現在は法務広報室顧問。
最新記事
カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

アンジーが新居に引っ越しで近隣住民がパニック
2017年06月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラッド・ピット(53)と離婚協議中のアンジェリーナ・ジョリー(42)が6人の子供たちを連れて新居に引っ越すことになったが、引っ越し先の近隣住民が米芸能マスコミをにぎわせている大物スター一家がやってくることにおびえているという。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 アンジーは昨年9月、裁判所に離婚を申請したときに子供6人全員を連れてブラピと住んでいたロサンゼルスの豪邸を出て、マイアミの賃貸の豪邸に引っ越した。新居を購入しようと物件を探していたアンジーは、ロス市北部にある高級住宅地のロスフェリスにある、ハリウッドの伝説の監督セシル・B・デミル(1959年、77歳で死去)が住んでいた大豪邸を2500万ドル(約27億5000万円)で購入したという。寝室が6、浴室が10ある大豪邸だ。

 同邸宅に数台のトラックが荷物を運び込むのが目撃されているが、「近所の住民はハリウッドのトップスターのアンジーや子供たちを警備するために大勢の警備員が出入りしたり、家を取り囲むのではないかと心配している」(関係者)という。

 さらには6人の子供たちが毎日家の庭を駆け回るなど騒々しくなるに違いないと心配しているという。またアンジーや子供たちを狙ってパパラッチもやってくるとあって、おちおち眠れなくなるのではないかというわけだ。アンジーと6人の子供たちの引っ越しが早くも波紋を広げている。







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!