日本語、英語、フランス語を追いかける…猫語の達人!
プロフィール
町田忠
執行役員専門委員。競馬記者10年を経て校閲担当25年超。文字と言葉の魅力に取りつかれて言葉の世界をふわりふわりと旅し続けている。仕事を離れると、猫写真家に変貌し日夜のら猫を追いかけ回す、のら猫と文学とビートルズ愛好者。
最新記事
カレンダー
2019年1月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

「シンデレラガール」使用上の注意
2012年12月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「月曜中山確定」

 とうとうやってきました、今年最後の確定版東スポ。2012年JRA最終開催、中山・阪神競馬の確定枠順版がたったいま、輪転機にかけられ印刷が開始されました。刷り上がるそばから、まだほのかに温かい東スポは機械から束ねられて出てきて、そのままトラックに積み込まれて売店へと配送されていきます。輪転機に巻きつけられた紙は印刷され運ばれ、売店に到着するまで、止まるということがありません。

 

 その東スポ、本日の1面の大見出しは

 

「ファイナル決める!!」

 

 阪神競馬のメーンレース・11R阪神カップが今年最後の重賞レースだから「ファイナル」か。と思いきや、そればかりではなく、ちゃんと馬の名前がかけられている、というわけです。仕掛け人・上田が最後を締めよう、と狙っている馬がファイナル――。

 

 有馬ウイークの今週は1面、終面と有馬記念が表紙を1週間通して飾ってきました。さて、本日の終面は何か?

 

「ノリオ告白 赤ひげ野望」

 

 ノリオといえば、あの女子サッカーなでしこの佐々木則夫監督。本日は競馬ではなく、なでしこの記事が終面に来ました。佐々木監督への直撃インタビュー。

 

 で、記事を読んでみると、引退→続投の決意、やがてはサッカー界に恩返しをしたい、という意気込みのほどが聞かれますが、選手の名前もいくつか登場してきます。

「シンデレラガール田中陽子」

 19歳のMF田中陽子選手は注目のシンデレラガール。さあ、佐々木監督はこのシンデレラガールをどう扱うのか?

 

 答えは記事を読んでもらうとして、その「シンデレラガール」という言葉についてちょっと考えてみましょう。

 英語にするとCinderella girlでしょうね。なんとなく、ガラスの靴を履いた美少女が連想されます。

 でも、これ、英語のネイティブスピーカーの前で口に出さないほうがいいと思います。奇異な言葉なのです。Cinderellaといえば世界中の誰もが知っています、女の子だと。

 なのに、なぜ「ガール」をつけるのでしょうか? それは日本で作られた日本語だからです。つまり和製英語ということになります。英語ならシンデレラだけでいいのです。新聞や雑誌を読んでいても結構出てきますね。日本ではシンデレラボーイなんていう言葉までできてしまいました。しかも全く違和感がないから不思議です。言葉のイメージというのは世の中の大勢に作られてしまうものなのでしょうか。

 

 で、このシンデレラ。日本育ちのフランス語学習者はたいてい、どこかで驚くことが起きます。私はそのとき、とても驚きました。

 フランス語ではCendrillon(サンドリオン)というのです。小説やエッセーなどに唐突にCendrillonが出てくるのです。それはもちろんシンデレラの意味。

 そもそもサンドリオンとはフランスのシャルル・ペローの「童話集」の中の童話に出てくる女主人公の名前。かまどの灰の番を言いつけられていたことから、灰(cendre=サンドル)の意味を持っているのです。だからサンドリオンの日本語訳は「灰かぶり」です。それが英語ではCinderellaに変化したというわけです(かなりなまってる!)。

「なでしこ期待のMF田中陽子は灰かぶり女!」

 おっと、これはちょっとイメージがよくありません。やっぱり和製英語で「シンデレラガール」と言わないといけませんね。

 仏サンドリオン、英シンデレラ、日シンデレラガールは、一躍有名になった人、ということでは共通していますが、同時に、「不幸な境遇に置かれた美女」とか「こきつかわれる娘」という意味も持っているのでご注意を(日本語を除く)。







東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!