究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで全国各地の競輪場の検車場を闊歩している。日頃の不摂生を休日の多摩川土手ランニングでなんとかしようとしている姿の目撃情報多数。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)趣味は競輪とプロレス観戦。なぜかアイアンマンヘビーメタル級王座1054代王者でもある。
最新記事
カレンダー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Archives

ズレが生じている
2014年05月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月3日、平塚記念の初日に村上義弘(39)がトークショーで登場した。村上は5月から新選手会騒動の処分で1年間の自粛欠場期間に入っている。

 

トークショーの目的や意図、何を話すのかと注目が集まった。また佐久間重光日本競輪選手会理事長も一緒に出るという話で、騒動の経緯説明や謝罪なのかな、と思っていた。ただ時間もなかったためか、佐久間理事長のこれまで通りの挨拶と、村上の普段のようなトークショーで終わった。騒動について、深く説明することはなかった。ファンに対し、この点はずっとなされていない。

 

下準備はあっただろうが、実質的には急遽、決まったのだろう。11Rの発売中という時間に差し込まれ、前日までのリリースもなかった。ここにもいろんな立場の人たちの思惑があるようだ。選手会はとにかく、選手たちの問題としてしっかりとした形をもってファンに伝えたい気持ちを持っている。選手会が23選手の責任を持つ、という立場だ。

 

 

 

佐久間理事長が挨拶をすると、また登場する前から怒号、ヤジが飛んでいた。ダービー、共同通信社杯の表彰式でもそうだった。

 

現在は、「競輪を良くしたい」という23選手が、選手会の規律を乱したというだけで重い処分を受けた、だから選手会に、また選手会の執行部に批判の目が向いているという構図になっている。騒動を起こした23人の責任については棚上げされている感がある。

 

なぜこうなるのか。それは選手会が、経緯の説明や「SS11」が抱えていた問題点について何も言わないからだ。23選手の話したこと、意図したことと、行おうとしたこと。「競輪を良くしたい」の言葉と、新選手会で得ようとしたもの、「チャリーズ杯」「SS11」、復興支援、東京五輪の関連性。周辺で絡んで動いていた団体、人々。選手会は事情聴取などで情報を得ていても、とにかく選手の問題として黙々と解決しようとしている。

 

そこで今は選手会側が、ただの悪、として批判を受けている。いびつな状況にある。(私含め、処分軽減を訴える側は声を上げるが、その必要はないと思っている人たちは声を上げる必要はないので、それが際立ってしまう)

 

私は自粛期間を減じ、走らせることで賞金を寄付するなど、前向きな形に処分のあり方を変えてほしいと思っている。それが「競輪を良くする」ことにつながると考えている。

 

もちろん、全うな手順を踏んでのことだ。異常に選手会が叩かれて、処分が減るということはおかしい。 選手会は正しい手続きを踏んで処分を決定した。

 

ファンの声は確かに大きい。何としても大事にしないといけない。だが、現在はいびつな流れの中で、選手会批判だけが巻き起こってしまっている。なぜ重い処分なのか、なぜ減じるべきとの声が上がるのか。冷静に考えないといけない。ファンが選手を応援する部分と、騒動の責任を負うべき部分にズレが生じて、バランスが崩れている。ファンは、詳しい説明を受けていないため、こうなるのは仕方ない。処分の重さ、がきちっと説明されないのだから。

 

 

 

村上はファンの大声援を受け、言葉に詰まっていた。ファンが彼らを失うということ、ファンの楽しみを奪うということ、もある。深谷知広(24)が「悲しい結果になっている」と話した一面もある。

 

処分と、処分の重さ、また現在の競輪界、競輪のあり方、全体をとらえて考えてほしい。そして、ファンの気持ちは確かだが、いびつな形で選手会に矛先が向いていることは悲しい。

 

選手会はそれを甘んじて受け入れ続けるつもりなのか。

 

 

 

とりあえず、ファンサービスだ。小さなことからコツコツと。

 

 

そりゃ、トンボ返りじゃ!

 

そして、

 

 

 

進撃の巨人だ! ウルトラマンではないが、息苦しいようで長いこといられないらしい。活動できる時間を探って、ファンサービスにつなげてほしい。新選手会騒動の問題とは別で、いや、あったからこそ、ファンのためにやれることをどんどんやる業界にならないといけない。

 

 

競輪は、明るく、楽しい。たまに、儲かる。時に、涙する。心が爆発する。しかし、新選手会騒動はまだ終わっておらず、競輪界はとても苦しい状況にあり、考えなければならないことだらけだ。正しい道筋と手順で前進できるように、冷静にならないといけない。

 

 

23選手が起こした行動の意味は重かった。誰がどういった目的で起こした行動だったのか。いつごろからそれは始まっていたのか。処分の重さの理由はどこにあるのか。その上で、前進する道は――。







東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!