究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで全国各地の競輪場の検車場を闊歩している。日頃の不摂生を休日の多摩川土手ランニングでなんとかしようとしている姿の目撃情報多数。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)趣味は競輪とプロレス観戦。なぜかアイアンマンヘビーメタル級王座1054代王者でもある。
最新記事
カレンダー
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

処分は持ち越し
2014年01月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競輪のトップ選手が12月19日に突発的に記者会見を行い、日本競輪選手会を脱会し、一般財団法人「SS11」で新しい選手会としてやっていくと表明した問題で1月20日、動きがあった。

 

日競選は先月27日の記者会見で、退会届を出した全員の除名を理事会で決定したと発表。21日に開かれる臨時総会で決議する予定だった。が、20日に理事会を開いた結果、

「一般財団法人SS11への移籍を企図した本会一部会員は、一連の行為について本会に対し深く謝罪するとともに、退会届を撤回しました。これを受け、理事会で協議した結果、当該会員たちに対する除名処分については総会へ付議しないことを決定しました。ただし当該会員たちについては、改めて綱紀審議委員会を開催し処分が協議されます」

と発表した。

 

これにより、選手会が別になることで同じレースを走れないのでは、などといった大きな混乱は、当面、避けられる形になった。

 

だが、今後の処分に関しては、まさにこれから。

 

綱紀審議委員会がいつになるのか、どのような処分内容になるのか、注目が集まる。







東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!