究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで全国各地の競輪場の検車場を闊歩している。日頃の不摂生を休日の多摩川土手ランニングでなんとかしようとしている姿の目撃情報多数。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)趣味は競輪とプロレス観戦。なぜかアイアンマンヘビーメタル級王座1054代王者でもある。
最新記事
カレンダー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Archives

アメフト出身の中井勇介(千葉・100期)が地元でデビュー
2011年08月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカンフットボール時代の憧れだった里見恒平(千葉・99期)を追いかけて競輪界入り。競輪学校では副会長を務めながら、積極的な走りで適性出身ながら在校14位で卒業。12日初日の千葉競輪(FⅡ)でチャレンジ予選4Rでデビュー戦を迎える。

今節は師匠(写真右)の鶴岡与之(千葉・81期)と同配分。鶴岡は「学校時代から先を見据えた走りをしていたし、抑え先行で頑張ってくれると思う。練習ではものすごく強いですよ」とニッコリ。すでにデビューしている100期が苦戦していることもあり「中井には、負けている同期を見るんじゃなくて、そのレースで主導権を取っている選手を見ろ」と指導してきた。

緊張を隠せない中井だったが「しっかり抑え先行でやっていきます」と入念に番組表を見て、レースをシミュレーション。強じんな肉体で繰り出すパワー先行で、快勝スタートを決める。







東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!