究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで全国各地の競輪場の検車場を闊歩している。日頃の不摂生を休日の多摩川土手ランニングでなんとかしようとしている姿の目撃情報多数。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)趣味は競輪とプロレス観戦。なぜかアイアンマンヘビーメタル級王座1054代王者でもある。
最新記事
カレンダー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Archives

別府の夜は…
2019年02月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 別府競輪場で「第34回全日本選抜競輪」(GⅠ、8~11日)が開催されている。別府初のGⅠ開催に地元は大いに燃えている。

 

 

 現在、別府、大分の街中では一部の飲食店でコースターの配布が行われている。1枚100円の車券購入無料体験のサービス付きで、場内の有人窓口などで車券購入に当てられる。

 

 競輪、温泉だけでなく、お酒、食べ物もおいしい大分県。夜の楽しみに競輪がついてくるという流れだ。ぜひ、近隣で食事などされる方は、このコースターもチェックしてほしい。

 

 もちろん、こうした活動で競輪を知らない人々に競輪を訴えるのが最大の狙いだ。CMを筆頭にアイデア満載の別府の進撃は止まらない。7月13~15日にはサマーナイトフェスティバル(GⅡ)の開催も決まっており、まだまだ先へと進んでいくのだ。

 

 

 シリーズは2日目を迎え、優秀「スタールビー賞」の戦いに注目が集まる。村上義弘(44、右)と椎木尾拓哉(33)がぶらりと歩きながら話し込んでいた。三谷竜生(31)ー古性優作(27)ー村上ー椎木尾で結束する。近畿の絆。昨年は脇本雄太(29)の躍動が近畿の活躍を支えたわけだが、今回はナショナルチームの活動で出場していない。

 

 こういう時こそ、の走りがある。太田竜馬(22)ー小倉竜二(42)ー松浦悠士(28)、そして中川誠一郎(39)ー佐藤慎太郎(42)と対する3分線。非常に興味深いし、脇本も熱い思いで見つめているだろうことが気になるのである。

 

 全日本選抜――。ファンの方々もそれぞれ出身や勤務地など思い入れのある地域があるだろう。そんな思いをはせながら別府の夜は大いにお酒を飲み、食事を楽しむシリーズとしていただきたい。

 

〈特設カテゴリーはこちらから〉







東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!