究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで全国各地の競輪場の検車場を闊歩している。日頃の不摂生を休日の多摩川土手ランニングでなんとかしようとしている姿の目撃情報多数。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)趣味は競輪とプロレス観戦。なぜかアイアンマンヘビーメタル級王座1054代王者でもある。
最新記事
カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

ガールズドリームレース
2017年08月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いわき平競輪場で開催中の「第60回オールスター競輪」(GⅠ)は14日、4日目を行う。9Rでは昨年までガールズコレクションだったレースが「ガールズドリームレース」として争われる。今年のファン投票1位は児玉碧衣(22)だった。

 

 児玉は「大きいレースを勝ったことがないのに…」と選ばれたことに恐縮していた。ここを勝ってこその、恩返しを誓う。

 

 

 注目は昨年大会の優勝者・高木真備(22・右)だろう。前回豊橋決勝(5日)のゴール直後に落車しているが、元気に参戦してきた。競輪にアクシデントはつきもの。苦境を乗り越えてこそ、さらなる成長がある。ひるまず攻めてくれるだろう。

 

 奥井迪(35)も一時期のスランプがあり、苦しそうだった。だが前検日は、いつもの奥井の姿があった。無心で逃げるだけ。感動のビッグレース初優勝は、こういう時にあるのかもしれない…。梶田舞(30)はいつもと違う強気な感じで、石井貴子(27・千葉)もファンへの思いに胸を熱くしていた。

 

 小林優香(23)は前検日に駅前にタクシーがいなかったそうでバタバタと登場。汗をふきながら、準備していた。力は“絶対女王”の名にふさわしいレベルに戻っている。人気に応えられるか――。

 

 12日のアルテミス賞終了時の選考用賞金獲得額ランキングを載せておこう。

 

1高木真備(東京) 10,530,000

2児玉碧衣(福岡) 9,752,000

3長沢彩(愛知)  9,519,000

4尾崎睦(神奈川) 9,212,600

5石井寛子(東京) 8,925,000

6石井貴子(千葉) 8,895,000

7奥井迪(東京)  8,454,000

8荒牧聖未(栃木) 8,371,000

9梶田舞(栃木)  8,306,000

10小林莉子(東京) 8,044,000

11 山原さくら(高知)7,766,000

12小林優香(福岡) 7,691,000

 

 

 

 11位の山原は「優勝しかない」。あれこれ考えずに挑むという。7番車ラッキーナンバー。昨年3月名古屋でガルコレを勝った車番で大逆転の一撃を狙う。

 

ガールズドリームレース賞金

優勝 3,130,000

2位    720,000

3位    410,000

 

 準決3番も大注目。選手の直撃インタビューとレースの動画予想をぜひ、車券戦術の参考にしてください!!

 

 特設カテゴリーはこちらから







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!