究極の頭脳スポーツ「ケイリン」を東スポの〝伝道師〟がアナタに伝えます。
プロフィール
前田睦生
突撃隊長・前田睦生(まえだむつお)競輪命。九州男児。ヘアスタイルは丸刈り、衣装は吊るしのスーツで全国各地の競輪場の検車場を闊歩している。日頃の不摂生を休日の多摩川土手ランニングでなんとかしようとしている姿の目撃情報多数。 補佐・秋田麻子(あきたあさこ)趣味は競輪とプロレス観戦。なぜかアイアンマンヘビーメタル級王座1054代王者でもある。
最新記事
カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

松戸の夜の夢
2018年07月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松戸競輪場で「第14回サマーナイトフェスティバル」(GⅡ)と「ガールズケイリンフェスティバル2018」が14~16日の日程で開催される。熱い、暑い3日間になりそうなので、みなさま、ぜひ体調にはご留意ください。

 

 

 体調、体が気になるのは小林優香(24)だ。6~8日のジャパントラックカップに出場し、6日のケイリン決勝では落車してしまっていたのだ。満身創痍の体でゴールしたが、なにやら規定違反で着はあったが、スイスフランでの罰金をくらったそうだ。胸に河端朋之(33)Tシャツが輝く。

 

 非常に元気だったので、当大会4回目のVに期待しよう。おや…左端は先行に愛された女傑・奥井迪(36)で、右にデカいカメラマンがいるぞ…。「39」…。

 

 

 おや、またバタTだ。自信満々な表情で鈴木美教(23)の肩を抱いているのは太田りゆ(23)だ。112期の時代を変える乙女たちだ。

 

 

 なんだ、この背中は…。熱烈な取材を受けているぞ…。深谷知広(28)だな。東京五輪、頑張りますオーラが出ているぞ。今回は、ナショナルチームで培った成果を見せてくれそうだ。

 

 

 初日特選12Rは関東が4人。話題の男・木暮安由(33)は、平原康多(36)の後ろ回りで、鈴木竜士(24)ー武田豊樹(44)の茨城勢とは別線だ。その思いは、熱量は、変わらない。勝負する時は、勝負する。

 

 その上で、武田、平原と3人でしっかりと意思疎通を図ったとのことだ。GⅠを勝つための主張をしつつ、関東で戦う、という思いは共有していく。これから、にまた注目してほしい。

 

 

 そしてMJだ。南潤(20)。MJ、マイケル・ジャクソンを超える世界的スーパースターになれる逸材だ。バスケットボールのファンならマイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、今どきの方なら嵐の松本潤だ。ミック・ジャガーという手もある。どうあれ、大注目だ。ロケンロー!!

 

 

 デカいカメラマンの投稿はツイッターの「日本競輪選手会千葉支部」のアカウントで見ることができる。要チェックや!!

 

 

 末尾になったが、鈴木誠氏が手帳を返納した。競輪が大好きで70歳まで走る予定だったが、体が悲鳴を上げた。かつて「わて、競輪、好きやってん…」という言葉を残して、競輪担当を外れた記者がいた。ラストランの競輪祭、小倉の夜、泣きながら歩き回っていた。

 

 競輪大好きな人々に、幸あれ!!

 

〈特設カテゴリーはこちらから〉



ネタになる!!
東スポらしい!
えー!?異議あり!!
ブーイング




東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!