プロフィール

運動部、文化部デスクが担当。紙面に書けなかったネタをお届けします。
最新記事
カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archives

返す言葉もなかった「横山やすし氏の説教」
2014年03月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そろそろフレッシュな新入社員が入社するシーズン。新人時代は毎日のように説教されたが、取材相手から説教されたことも少なくなかった。中でも一番強烈だったのは横山やすし氏の説教だった。

「ビッグマグナム黒岩先生」(1985年)という映画で横山氏が主演するということで、単独インタビューすることになったのだ。しかし、準備が甘かった。映画を見る時間もなかったので、映画会社が用意してくれた資料だけ読んでインタビューに臨んだ。

 姿を現した横山氏は当初、ご機嫌だった。どうも少し飲んでいたようで、少々アルコールくさかった。

 だが、インタビューを進めていくうちに段々と表情が険しくなり、突然「ワレ、なめてんのか! コラ!」とブチ切れたのである。「主演した気持ちは?」「何かエピソードは?」「映画の見どころは?」などあたりさわりのない質問ばかりしていたことが気に障ったようで、「何のつもりや! 何やその質問は!」と始まり、記者の取材姿勢について延々1時間説教が続いた。

 酔ってはいたものの、記者の準備不足を見透かしていたようで、その迫力に返す言葉もなく、酒臭い息を我慢するしかなかった。

 最後には「もっと勉強してから来んかい、ボケ!」と捨てゼリフを吐かれて取材というか、説教は終わった。言われっぱなしは悔しかったが、いい加減な準備で取材に来た自分が恥ずかしくもあった。

 それ以後はしっかり下準備をしてから取材に臨むようになった。それも横山氏のおかげかもしれない。残念ながら、以後横山氏を取材する機会もなく“リベンジ”を果たすことはできなかったが…。

(特集部部長・原口典彰)







東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!