プロフィール

運動部、文化部デスクが担当。紙面に書けなかったネタをお届けします。
最新記事
カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Archives

今井絵理子議員の不倫騒動で思い出す“異様な夜”
2017年09月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国民的人気を誇っていたアイドルグループ「SPEED」が解散したのが2000年。最近、今井絵理子参院議員(33)や上原多香子(34)の騒動などがクローズアップされ、SPEEDの名前が出るたびに、当時の“ある光景”を思い出す。

 

「White LOVE」や「my graduation」など数々のヒット曲を生み出していたが、人気絶頂期の1999年10月に突如として解散を発表した。当時はメーンボーカルである島袋寛子(33)の男性問題が大きな要因といわれていた。

 

「そのころの島袋は高橋元気という元ジャニーズジュニアの男の子と交際していた。ただ、事務所が交際に反対していて、別れさせようとしたことに島袋が怒り、事務所とトラブル。こじれにこじれ、グループ解散になったといわれていました」とは芸能関係者。今も昔も男性問題を抱え、右往左往するメンバーだったのかもしれないが、人気絶頂での解散発表だっただけにその衝撃はすごかった。

 

 そのSPEEDの最後のステージとなったのがテレビ朝日系「ミュージックステーション」だったと記憶している。都内のスタジオに生出演したのだが、そのころ駆け出しの記者だったこともあり、そのスタジオの前で多くの報道陣と一緒に張り込んでいた。スタジオ前には報道陣とともにやじ馬やSPEEDのファンも多く駆けつけていたのだが、その中の男性ファンの一人が放送が始まるあたりで、スタジオの門の前で警備員に対して土下座をし始めたのだ。どうしてもスタジオに入れてほしいということだったようだが、当然、この男性の要望が通るわけもなく、この土下座は放送が終わるまで続けられていたのを記憶している。

 

 SPEEDが解散をするということで、ここまで熱くなれる人がいるんだというのがあまりにも新鮮で、いまでもSPEEDの話題になると、この光景が頭に浮かぶ。この話を知人に話すと、「そのころのSPEEDは異常だったし、そのくらいのファンがいてもおかしくないでしょう。当然ですよ。今井との不倫疑惑を報じられた橋本(健元神戸市議)もちょうどSPEED全盛期に青春真っただ中ぐらいでしょ。目の前にあの今井がいて好意を持ってくれたら、そりゃ狂うでしょう」と言われた。だからといって不倫を擁護するつもりはないが、そのくらい人気がすごかった日んだなと改めて思い出される。

 

(文化部デスク・島崎勝良)







東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!