プロフィール

運動部、文化部デスクが担当。紙面に書けなかったネタをお届けします。
最新記事
カレンダー
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Archives

ハダカの長嶋巨人(43)
2019年02月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ホセ・パラの巻】

 キャンプたけなわ…。ということで、ふと思い出したのが1年間だけ長嶋巨人に在籍した助っ人投手、ホセ。あれは1999年春、宮崎キャンプでの出来事だった。

 ホセはメジャーでも白星を挙げたことがある右投手だったが、当時まだ26歳と若く、巨人としては「育成」目的で獲得した助っ人。そのホセから「実は…」とキャンプ中に打ち明けられたのが「巨大ネズミ」の目撃談だった。

 ホセは韓国球界でもプレー経験があり、宮崎は韓国の三星ライオンズ時代にキャンプで滞在したことがあるという。「その時に泊まったホテルで、ウサギぐらいの大きさの巨大なネズミを見たことがあるんだ。怖くて怖くて、それ以来、夜は眠れなかったよ…」。そのホテルが当時巨人二軍の宿舎と同じだった。

 宮崎に巨大ネズミが…。新種のUMAの可能性もあるだけに、東スポ的には追いかけないわけにはいかない。すぐさま地元住民などへの聞き込み捜査を開始したのだが、なかなか目撃証言を得ることはできずに、ホテルのフロントマンにいたっては「ウチは動物も飼っていませんし、ましてやネズミの出るようなホテルじゃありません!」と当然のように激怒されてしまった。

 少ない手がかりの中で浮上した可能性としては「ネズミじゃないけど…。タヌキならホテルに迷い込んできたことがあります」というホテル従業員の証言。確かに夜の暗がりの中でタヌキとばったり遭遇したとしても十分にインパクトはあるだろうし、巨大なネズミかと見間違ってしまうかもしれない。だが…。それで納得してしまっては夢がない。

 今年はホセが見た「巨大ネズミ」を誰かが目撃しただろうか。毎年春のキャンプの時期になると、巨大ネズミにおびえていたホセの青ざめた顔を思い出す。

(運動部デスク・溝口拓也)



ネタになる!!
東スポらしい!
えー!?異議あり!!
ブーイング




東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!