プロフィール

運動部、文化部デスクが担当。紙面に書けなかったネタをお届けします。
最新記事
カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archives

ハロウィーン渋谷を上回る阪神優勝時の道頓堀
2018年11月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のハロウィーンは逮捕者が出るほど、多くの若者が東京・渋谷で乱痴気騒ぎを繰り広げた。白い軽トラックが引っくり返されてしまう映像がテレビで何度も流されたことは記憶に新しい。こうした状況に、来年から本格的な対策に乗り出すと渋谷区長が公言する騒ぎになった。

 一方で、これまで多くの若者が乱痴気騒ぎを起こす場所として最も有名な場所といえば、大阪の道頓堀をおいてほかにはないだろう。特に阪神タイガースが優勝した時は、グリコの看板でおなじみの戎橋から道頓堀に飛び込む若者が後を絶たなかった。

 私は2003年9月15日、阪神のリーグ優勝が決まった時、現地で取材した。この日は祝日で、阪神の試合は午後2時からのデーゲーム。この年は阪神にとって1985年以来、実に18年ぶりのリーグ優勝だっただけに、試合の途中から多くのファンが道頓堀に集まった。

 そして阪神の優勝が決まった夕方から16日朝にかけ、道頓堀は完全に無法地帯と化した。その騒ぎは渋谷のハロウィーンどころではなく、犯罪行為が多発した。その一つは戎橋わきにある「かに道楽」本店で発生。名物である巨大ガニの目玉が、両目とも取られてしまったのだ。

 酔っ払った男がカニの目玉をクルクル回し、両目玉を群集に投げ込んだのだが、この犯人だけでなく、かに道楽の屋根の上には多くの男がよじ登った。中には全裸の者までいた。当時はスマホがなく、動画を撮ることができなかったが、今なら公然わいせつで多くの逮捕者が出たことだろう。

 結局、カニの目玉は、群衆の中から一つだけ見つかったが、もう一つは見つからなかった。後日、かに道楽は大阪府警南署に被害届を提出する騒ぎにもなった。

 ちなみにこの夜、道頓堀に飛び込んだ人数について、大阪府警は5300人と発表。だが「どうやって数えたのか?」と疑問を持った私は、府警警備部に問い合わせところ「確かに数えていたと報告を受けている」との答えが返ってきた。

 ただ5300人という数は「午前4時30分現在」とされていた。それ以降もずっと現地で取材をしていた私は「4時半以降も1000人以上は飛び込んでいましたが?」と食い下がると「それほど、この数字にこだわらなくてもいいのでは!」と、担当者から怒り気味の答えが返ってきたのを思い出す。

 とはいえ、道頓堀に5300人が飛び込むのを「数えていた」という府警の発表は、今でも信じていない。暴れ回る人だらけのあの状況で、のんきに飛び込む人を数えていた警察官がいたら、それこそ問題だろう。

 ちなみに当時「リーグ優勝を決めるサヨナラヒットを打ったのが赤星憲広選手で、その背番号が『53』。だから5300人と発表したのでは」との噂も流れたが、今も真偽のほどは定かではない。

(文化部デスク・藤野達哉)



ネタになる!!
東スポらしい!
えー!?異議あり!!
ブーイング




東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!