プロフィール
山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
1966年7月20日徳島県生まれ。作家・オカルト研究家。神奈川大学卒業後、日本通運入社。96年に作家デビュー後、多様な分野にわたるエッセーや論文、小説コンテストにおいて11回の受賞歴を経てプロ作家に転身。独立し現在に至る。妖怪・UMA・UFO・都市伝説などの不思議分野において本格的な解説ができる作家としてテレビ・ラジオに多数出演。




2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  



【58】鮮明すぎる怪獣動画「トルコ・ヴァン湖のジャノ」の正体
2014年07月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

巨大生物「ジャノ」の正体ではないか?とされるバシロサウルス

 晴天のもと、ないだ水面に現れる謎の影。カメラの前に波を立てて泳ぐ怪生物の姿が映る。やがて、画面にはアップになったその生物の頭が…。既存の生物とは違った形の頭部は焦げ茶と一部明るい茶色になっている。よく見ると、しわや肉ひだ、黒くつぶらな目も確認できる。そして、その目の近くは小さな泡が浮かんでは消えている。そう、この生物は紛れもなく、生きている生物なのだ!

 テレビで流れた鮮明な映像を覚えている人もいるかもしれない。トルコ最大の湖であるヴァン湖で撮影された鮮明な怪生物の映像は瞬く間に世界中を駆け巡った。

 日本では「ジャノ」の名前で呼ばれているこの怪物は海外では「レイク・ヴァン・モンスター」「ヴァナ」「キャナヴァー」などの名称で呼ばれることが多い。しかし、ここでは日本で一般的な「ジャノ」で統一させていただく。

 大きさは約15〜20メートルで、非常に長い体をしていると言われている。ジャノの目撃情報は1990年代より急増しており、長い体をくねらせて泳ぐ姿や潮吹きらしき奇妙な波が上がるところが目撃されていた。そして1997年、ヴァン大学で教育助手を務めていたウナル・コザック氏によって撮影されたものである。なお、コザック氏は同地で3年間、ジャノの調査を行っていたそうだ。

 古来、ヴァン湖には「ヴィシャップ」という龍に似た巨大な怪物が住んでいるという伝説があった。ジャノも非常に長いため、現地では「ついに伝説の生物が現れ、映像に捉えられた!」と騒動になった。長い体に潮を吹くという習性から、「古代のクジラであるゼウグロドンの生き残りが伝説のヴィシャップであり、ジャノではないか」とする説も上がった。

 もし本当に古代生物が生息していたとするならば世界的なニュースなのだが、ヴァン湖の環境上、巨大生物が生息できる可能性は低いとする考察が出てきた。ヴァン湖は広さが琵琶湖の5倍はあろうかというものだが、塩分濃度が非常に高く海水も超える。
 また、水質はアルカリ性でもあるので、現状観測されている範囲ではヴァン湖にはニシンのような小魚しか生息していない。餌となる生物も非常に少ないため、とても巨大生物が生息していけないと判断されたのだ。

 では、この鮮明な動画はどう結論づければ良いのか。

 一説には遊泳中の像を捉えたものではないかとされたが、怪獣デザイナーであり、UMA研究家でもある岡本秀郎氏によれば、ジャノの体は張りぼてであるという。有名な公開映像の中の1分1秒のシーンである。ここには水中に沈めた張りぼてがしっかりと映し出されているのだ。

 つまり、ジャノの正体とは張りぼてを船で引っ張り、巨大生物に見せかけたものであった可能性があり得る。

 また、撮影者のコザック氏は後年、この張りぼての制作費をめぐる金銭トラブルで話題になってしまったため、現在、本国トルコではこの映像の信ぴょう性は非常に低いとする考えが一般的になっている。

 では、本当のジャノの正体は何だったのだろうか。2006年に日本人の作家がジャノらしき生物の映像を撮影したが、サイズが大きすぎる上に潮を吹きながら浮き沈みするだけの内容であったため、湖底から噴出したガスによって浮き上がってきた泥ではないかという鑑定結果が出た。泥の中から漏れだすガスが潮吹きに近い光景に見えるケースもある。つまりジャノの伝説はヴァン湖の中で起きた自然現象を見て、古代の人々が龍を夢想したものだと考えられるのだ。

 

■関連動画■

YouTube Preview Image

東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!