プロフィール
山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
1966年7月20日徳島県生まれ。作家・オカルト研究家。神奈川大学卒業後、日本通運入社。96年に作家デビュー後、多様な分野にわたるエッセーや論文、小説コンテストにおいて11回の受賞歴を経てプロ作家に転身。独立し現在に至る。妖怪・UMA・UFO・都市伝説などの不思議分野において本格的な解説ができる作家としてテレビ・ラジオに多数出演。




2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



【276】3年間で19人を襲い食い殺した!?非常に狂暴な「ネスキー」
2018年09月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネスキー出現を報じる海外メディア

 未確認生物の代表格といえば、スコットランドのネス湖に生息するといわれている「ネッシー」だろう。首長竜に似たシルエットから古生物の生き残りではないかと考えられており、世界各地の湖で同様の生物が確認されると、ネッシーにあやかった名前がよく付けられたりした。

 そんなネッシーと名前が非常に似ている未確認生物もいる。シベリア地方、ロシアとカザフスタンの国境に近いノボシビルスクのチェイニー湖に生息しているとされる「ネスキー」だ。

 ネスキー自体の存在が明らかになったのは旧ソ連時代だったという。目撃証言によれば、ネッシーのような長い首をしているとも、巨大なヘビのようだったともされている。また、大きなヒレと尾があったとする証言もある。

 ここまではネッシーやその他の湖に出る未確認生物と変わらないが、ネスキーには他の未確認生物とは決定的に違う特徴がある。それは非常に狂暴であり、釣り船を襲って人間を湖の中へ引きずり込むという点だ。

 2000年代に入ってからも被害は出ており、2007年から3年間ほどで19人もの人が行方不明になり、唯一、岸に打ち上げられた死体には巨大な歯で食いちぎられたと思われる痕があったという。

 2010年7月には59歳の男性がネスキーに襲われた。「私は浜辺から約300ヤード(約274メートル)離れた所に彼と一緒にいた」と現場にいた漁師は語る。

「彼は餌の仕掛けに何か大きなものが引っ掛かったため、それを外そうとボートの縁に立った。だがその直後、それは船を転覆させるほどの力で引っ張ってきた。私は彼とともに湖に投げ出され、海岸まで泳いだのですが、彼はそのまま引きずり込まれてしまったのかもしれない」

 この時、行方不明になった漁師の遺体はまだ見つかっていないそうだ。

 チェイニー湖では3年前にも、32歳の男性がボートを転覆させられて行方不明になっている。転覆する瞬間を目撃していた人によれば、湖の波は静かで天気もよく、転覆するような原因はなかったという。

 深さのあるネス湖と異なり、チェイニー湖は深さ23フィート(約7メートル)以下の比較的浅い湖で冬には凍結し、夏は暖かく観光地として人気がある場所でもある。観光客が増えたことが被害の増加につながったのだろうか?

 いずれにせよ、正体も、なぜ人間を襲うのかについても不明なため、地元の人々は専門家による生体調査が必要ではないかと考えているようだ。

【関連記事】Russian fishermen demand an investigation into killer Nesski’s 19 lake deaths in three years(https://www.dailymail.co.uk/news/article-1293955/Russian-fishermen-demand-investigation-killer-Nesski.html)



東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!