プロフィール
山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
1966年7月20日徳島県生まれ。作家・オカルト研究家。神奈川大学卒業後、日本通運入社。96年に作家デビュー後、多様な分野にわたるエッセーや論文、小説コンテストにおいて11回の受賞歴を経てプロ作家に転身。独立し現在に至る。妖怪・UMA・UFO・都市伝説などの不思議分野において本格的な解説ができる作家としてテレビ・ラジオに多数出演。




2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  



【297】名前を呼ばれると引き下がる〝島〟のような未確認生物「ハフグファ」
2019年02月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「グリーンランド博物誌」に掲載された謎の巨大生物

 未確認生物の中には、ある種の妖怪のような形で伝承が伝わっているものも存在している。例えば「クラーケン」や「シーサーペント」はノルウェーなど北欧の人々に昔から伝わる巨大な海の生物であった。

 グリーンランドや北欧の海には、他にも巨大な生物が昔から潜んでいると考えられていたらしい。今回紹介する未確認生物「ハフグファ」もその一つだ。

 ハフグファが文献に登場するのは古く、1600年代に発行されたハンス・エゲデ氏の「グリーンランド博物誌」になる。こちらでは漁師たちの間に古くから伝わる巨大生物として、体の重さが数千キロにも及ぶ魚で、姿は大きすぎて正確なところは分からないが、目撃者によれば「島のようだった」とされている。

 凶暴で船乗りたちを襲うそうだが、近寄ってきた時に「ハフグファ!」と名前を呼べば、怪獣は引き下がると伝えられている。名前を言い当てられると引き下がるあたり、日本の妖怪「見越し入道」などのようで興味深い。やはり「名前を言い当てる」ことに何らかの呪術的な要素があったのではないだろうか。

 エゲデ氏はその後も伝聞を基にハフグファについて記しているが、なんと1734年には自身でもハフグファの姿を目撃している。グリーンランド南西ゴトホープ沖で「船の3〜4倍はあろうかという巨大な生物」の姿を確認したというのだ。

 その生物は鼻先がくちばしのように長くとがっており、大きなヒレを持ち下半身はヘビのようだったという。皮膚はシワが寄ってごつごつしており、全体に貝殻細工がちりばめられたようだったそうだ。

 その後もたびたび目撃されていたようだが、近代になってこの伝説的な海の未確認生物に調査のメスが入る。

 1963年、米海軍海洋学調査部がエゲデ氏の著作を基にグリーンランド周辺海域の調査を行った。その結果、ハフグファについては複数のザトウクジラが群れている様子を一匹の生物であると誤認した可能性と、また海中から火山島が出現した様子を巨大な生物の出現と誤認した可能性が出てきたとの結論に至ったのである。

 確かに全身にちりばめられた貝殻細工はザトウクジラ等の体表を覆うフジツボを表現したものであるように思われる。またハフグファは潮を吹き、海面にゆらめく芳香を放つともされている。これもクジラの潮吹きや龍涎香(りゅうぜんこう=クジラの腸内にできる結石で香料の一種)から考えられたものではないかとみられている。



東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!