永田裕志選手は凄いゼァ!
2013年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バトル☆メンに永田裕志選手が来て下さいました!


密かに僕が、ご一緒したかった選手の1人なので、番組登場していきなりの間近で見るゼァに感激!


新日本プロレスのIWGPヘビー級のベルトを10回も防衛し、他団体のベルトを巻いたり、対抗戦でも活躍。ベテランと言われるキャリアを持ちながら、今だに衰えるどころか益々元気。アンチエイジングを掲げています。
強さだけでも一流ですが、時にタケチャンマンのコスプレをしたり、身体を緑色に塗り銅像になったり、白目になったり‥。
面白さをカラーにしてる団体が震え上がるほどのエンターテイメント性を出してきたりします。


こんな魅力的な選手はなかなかいないです。


そんな永田選手は新日本プロレスの夏の大一番のG1クライマックスという、シングルのリーグ戦に備え、毎回公開特訓を行います。


時にフラフープ特訓!アナウンス特訓!ダンス特訓にラーメン屋特訓!


アナウンスとか、ラーメン屋とかプロレスに関係なくない?


という声など、どこ吹く風


永田選手は凄まじい集中力で一心不乱に早口言葉を言い放ち、ラーメン屋では店長の味を再現する。


すべてはG1に勝つためにと大真面目に語る。その姿勢に誰もが認めるしかないんです。


しかし、今年のG1前に特訓が無かったので、番組からこんな特訓はどうでしょう?という提案。


エチュード特訓!


エチュードとは、与えられた設定の中でするアドリブの即興劇。
いかなる状況にも適応できるように特訓してもらうことになりました。


永田選手の適応力はいかに!?


幾つかあるシュチュエーションの中から永田さんが選んだのは、財布を拾った人と天使と悪魔。



財布を拾った人を永田さんが演じ、天使をバトル☆メンのナレーターでもあり、俳優の今林久弥さんが演じる事に。僕は悪魔。


永田さんがまず状況を伝えるセリフを演じ始める。


「あ、こんなとこに財布が落ちてる!交番に届けるか?いや、それとも…」
もちろんアドリブです。


天使に「交番に届けなさい、ファンが見たら悲しむよ」と諭される。


すると永田さんは「そうだよなー」


悪魔に「誰も見てないし、ネコババしちゃうゼァよ」と促される。


永田さんは「杉浦に風俗おごらないといけないしなぁ」と迷う。


そこでおむもろに、永田さんは「よし!交番に行こう!すいませーんおまわりさん!財布拾ったんですけどー。え?何ですか?中身ですか?免許証と‥」


まさかのおまわりさんとの会話劇。


「あれ?この免許証!俺のだ!あ!これ俺の財布だったんだー!」


一気に話にオチをつけました。


永田選手!素晴らしいです!


だってアドリブですよ?普通怖いですよ~。僕の方がビクビクしてましたよ。
しかも、凄いのが、本当はアドリブ劇と言いながら、番組ですし、生放送ですし、ある程度の打ち合わせをしようなものですが、そんな時間もなく行われたエチュード特訓。


放送が終わってから今林さんと、スゲースゲーと興奮。
お芝居のプロの今林さんも、芝居に躊躇がないのが凄いと絶賛!


お話もまとめた上でのオチでしたし、何より凄いのが、「杉浦に風俗おごらないといけないしなぁです」


これは、永田選手も参戦している、公式戦真っ只中のノアのグローバルリーグ戦。
その会見の中で、杉浦選手が「優勝したら永源さんが風俗奢ってくれると言ったので頑張ります」とコメント。
この発言が許せなかった永田選手が「グローバルな地球規模の崇高なリーグ戦の意気込みで何を言ってるんだ!」と激怒!


「そんなに風俗行きたいなら、俺に負けたら奢ってやるよ!」と。


ん?


俺に負けたら奢る?


普通は俺に勝つことができたら‥では?


この発言はワイロじゃないですか!


番組中にそこを突っ込むと、頭に来てて、わかんなかったですけど、杉浦なんかに負けるわけがないんだから、と訂正。


それを踏まえた上で、「杉浦に風俗おごらないといけないしなぁ」というセリフを言った永田選手の適応力と面白さ。



バケモンです。


アンチエイジングは老化に抗う事ですが、その時その瞬間の流れに逆らわない事で適応力を見せる永田選手。
この先もプロレス界にその適応力でもって益々活躍されると思います。




【次回予告】
ナガダンスは見てて楽しい!



東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!