REINA女子プロレス
2012年05月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速報!バトル☆メンにREINA勢が登場。


上林愛貴選手、石橋葵選手、セウシス、ダリス・ラ・カリベーニャ、ゴジャ・コングがずらっと登場。

13日に行われるREINAの後楽園大会の告知に来ていただきました。が時間が足りない!

REINA女子プロレスを詳しく紹介したいんですが番組自体盛りだくさんな内容で深く掘り下げれませんでした。

このREINAという団体は、堀田祐美子選手をトップに日本人4名と少ないメンバーですが、外国人選手がわんさか来日。1年間通してメキシコから、アメリカから、オーストラリアから、カナダから、25選手以上来日。
特にメキシコCMLLと提携関係を結んでいるために、メキシカン多数来日。男子は新日本プロレスと提携してる事で有名ですよね。

しかしこの1年間通して見てきたREINAは何とも、不思議な団体で、インディーの面白さも含まれていて興味深いんです。

コーナーマットを忘れて、金具むき出しで興行をしてたり、ミゼットレスラーも所属していたり、記者会見の内容を、前日にホームページで会見の内容をUPしてしまい、会見の意味がなくなったり、1大会でポスターが何枚も作られたり、ジャージ、Tシャツの新作が多数!よく見たら蝶野選手のアリストトリストとダブルネームのデザインのTシャツもあるのに、なぜか団体は全く宣伝しない。
団体のロゴマークも何種類かあるのでハッキリしない。ただ、千葉のブルーフィールドを買取りレイナアリーナに。簡単に言えば、女子団体が男子団体を買う訳ですから、相当な歴史的事件なはずが、これも大々的に言わない不思議さ。
買ったものの、レイナアリーナで全然試合をしないフェイント。

そして大量に来るメキシカンはセウシス意外、誰も飛んだり跳ねたりしないファイトスタイル。そしてジャベもそんなしない‥。

とにかく怪しい不思議な団体。どインディーマニアにはグッとくる団体だと思います。

ただ今回の後楽園大会のメンバーは今までに無い豪華さ。
メインのラ・コマンダンテはインパクト有ります!一度見たら忘れられない顔してます。しかも髪切りマッチ!
レディ・アパッチェとプリンセサ・ブランカのナショナル女子選手権。プリンセサ・ブランカはアルシオンに来たことある選手。アルシオンライセンスNo.24!
セウシスはマスクにモヒカン、騎士の様なカッコ良いコスチュームで飛び技をします。
キンバ・リーはCZWとかにも上がってたりする、海外のインディー選手。
ミヤ・イムはやたらエロいコスチューム。ディーバ感が凄いです。
ダリスはネグロ・カサスの奥さんでありSMASHに上がっていたVENENOの兄妹。ウッハー!
ゴジャは父がブラソ・デ・プラタ、兄妹に新日本にも上がっていた、オカマレスラーのマキシモ、AAAのサイコ・クラウンと豪華な家系。血筋なのか、巨体でも動けるんです!
ちなみにレディ・アパッチェはラ・マスカラのお母さんで、ブラソ・デ・プラタの兄弟のブラソ・デ・オロと結婚もしたり。だからレディ・アパッチェは、ゴジャの叔母に当たるのかな?ま、兎に角、法事で興行が出来るくらいの人達なんです。

正直、今の時代にこんなに沢山、外国人を呼ぶのは凄いと思います。
プロレスの魅力の1つでもある外国人選手。
しかも、馴染みが深い、ネグロ・カサスやマキシモ、ブラソス、VENENOなどの名前が出てくる選手がいたり。
全くプロレスを見たことない人も楽しいし、マニア的にも見といて損は無い大会だなぁと思います。


【次回予告】
ゲストコメンテーターとして来て頂いた、和田京平さん。ピアスは反則だ!と厳格なお言葉。
しかし、ピアスやネックレスをしたまま戦う、ジャイアント・バーナード選手は怖いから注意出来なかっおたと‥。



東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!