プロフィール
田名部生来(たなべ・みく)
☆1992年12月2日まれ。滋賀県出身。2006年に「第三期AKB48追加メンバーオーディション」に合格後、チームB→チームK→チームBメンバーとして活動。14年の「第6回AKB48選抜総選挙」は71位で初ランクイン。16年の「第7回AKB48グループじゃんけん大会」で優勝し、初めてセンターを務めた。今年7月23日にグループを卒業した。 ☆公式ブログ「まじめにふまじめ」(https://ameblo.jp/mnks-mnks/)☆公式ツイッター(@mnkspan)




2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  



主力メンバー卒業で思ったこと
2018年08月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年、AKB48の主力として活躍されていた神のような先輩たちの卒業が目立ちました。

 ファンの方もそのままヲタ卒する方もいたり、私たち残ったメンバーに推し増し?して応援してくださる方もいたり。周りにも卒業を意識するメンバーがどっと増えて、なんだか疎外感を感じていました。

 私自身は「ここでまだ何も結果を残してないし、もっと頑張りたい。でも、○○ちゃん辞めちゃうのか、もっと一緒に頑張りたかった」。そんな感情と日々葛藤していました。

 毎日のように続けていたSNSのコメント欄にも心ない言葉を見つけるようになりました。「老害は辞めちまえ」だとか「ゴミ」だとか(笑い)。

 もともと、そういうのには耐久性のある私です。「いやいや、あんたよりは絶対若いわ!」なんて思ってましたけど。自分よりも両親がSNSのコメントをチェックするので、なんだか胸が痛かったです(笑い)。

 何度もSNSをやめたくなる時期がありました。今の時代はダイレクトに伝わりますし、言葉って難しいですよね。

 AKBってそういう意味でもめっちゃ鍛えられると思います。絶対自分は間違っていないと思っていれば、非難中傷もなんのそのですよ(笑い)。

 私はブログやGoogle+、AKBメール、そして覚悟を決めて始めたツイッターも全部好きなので、これからも何とぞ、優しくしていただけると幸いです(笑い)。

 この時期は落ちるとこまで落ちて、逆にやる気がみなぎり、軽くやけくそになりながらもAKBにいることを最大限に利用させていただいた期間でもあります。

 地方だったり自主的なイベントを頑張っていました。DJも友だちの勧めで始めて趣味程度でやっていたんですが、練習の場で出会った方にCDJを譲っていただいたり。

 気づけば「DJmnks」として活動させてもらえてたり。ほんと無知のまま始めたのですが、下手くそなのに楽しんでいただきありがとうございます(笑い)。

 SKE48じゃないのに名古屋営業も多かったですし、イオンモールは、ほぼ全国制覇じゃないですかね?(笑い)



東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!