プロフィール
プチ鹿島(ぷちかしま)
1970年5月23日生まれ。血液型O。時事ネタを得意とする。東スポ歴は中学から30年。TBSラジオ「東京ポッド許可局」、同局「荒川強啓デイ・キャッチ!」(月・水)、YBSラジオ「プチ鹿島の火曜キックス」、NHKラジオ第1「午後のまりやーじゅ」に出演中。著書には「教養としてのプロレス」(双葉新書)。




2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  



「ふなっしー」と「ちっちゃいおっさん」
2014年06月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県高砂市のイベントで「ふなっしー」の偽物が現れた。

《ステージ上のアイドルが偽物を発見。気付いた子どもたちが追い掛けるなど会場がざわつきだしたため、偽物が慌てて外に駆けだし、駐車場に出たところで事情を聴かれた》
(MSN産経ニュース・6月2日)

遂にここまできたか。

船橋市の非公認キャラクターである「ふなっしー」は“辺境から来た人”と言える。辺境から世界を変えた。王道の人ができない言動が魅力であり武器であるから、予測不能のはじけ方をした。

辺境の人は、オリジナルにビジネスをひろげてゆく。当てればでかいが自分を守るのも自分しかいない。たまにそこを突かれる。ふなっしーも壇蜜も「そっくりさん」が現れるのはそういうことだ。いつのまにか追われる身になっている。価値が拡散され耐用年数を自分で設定することはできない。

そんな存在には、信頼すべきビジネスパートナーが必要だ。

東スポ報道によると、ふなっしーには「ちっちゃいおっさん」がいる。ちっちゃいおっさんはこう語る。

《お願いされているわけではないんやけども、行政のキャラが言いにくいことを言ったろうと思ってて。郷土愛を引っ提げて、しゃべれる特徴を生かして、業界全体の底上げにならないかと思って。おこがましいけども、ふなっしーとは「他のキャラさんもメディアに出られるように動こう」と話している》(ちっちゃいおっさん激白「ゆるキャラ界の秘密」「ふなっしーとの熱い約束」東スポWeb・2月8日 )

辺境から来た人は業界の変革者でもある。評価は後の世が決めろとばかりに、懐刀(パートナー)とのコンビで世界を縦断する。「小泉純一郎&竹中平蔵」しかり「タイガー・ジェット・シン&上田馬之助」しかり「ふなっしー&ちっちゃいおっさん」しかり。

そのちっちゃいおっさんの周辺が最近きな臭かった。東スポは熱心に追いかけていた。

・ちっちゃいおっさん「セクハラ」「パワハラ」疑惑(東スポWeb・5月1日)

・ちっちゃいおっさん「不当解雇」等で元スタッフに提訴される(5月2日)

・ちっちゃいおっさん改めて「事実無根」主張(5月18日)

これらの報道を受けた5月31日、ちっちゃいおっさんの所属事務所のHPに「スポーツ紙掲載の一部報道について」というお知らせが載った。

「一部スポーツ紙にて報道されておりました元スタッフによる訴訟は、元社員からの取り下げにより終了いたしました」

ここでいう「一部スポーツ紙」は東スポである。

いずれにしろ、ちっちゃいおっさんの身辺はさっぱりしたことになる。

ふなっしー&ちっちゃいおっさんのコンビは、さらなる快進撃をみせるのか?



東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!